幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2023

PROFILE

幼稚園教諭
キャリア:8年目

  • 勤務地:カトリックさゆり幼稚園(吹田市)
  • アクセス: 北大阪急行電鉄 「千里中央駅」阪急バス⑨番のりば 古江台・藤白台方面 「さゆり幼稚園前」下車
  • 出身校:大阪青山大学
  • お名前:うえだ先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
4歳児クラスの担任をしています。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
<園の魅力>
「目に見えない大切なものを育てる」保育ができます。普段、当たり前に「ありがとう」や「ごめんね」と言っているような気持ちについて、子どもたちに大切に丁寧に伝えています。毎日の保育でも、そういったところを意識しています。子どもたちに伝える前に、自分でも一度深く考えるため、大人になった今でも考えさせられることがたくさんあります。家族や友達など周りの人に見守ってもらっていたり、助けてもらっていたりということにあらためて気づかされます。
私自身は、それまでカトリックに触れたことはなかったので、初めは不安もありました。何か特別なことをするということはなく、普段の何気ない気持ちについて、子どもたちと話して考え、分かり合うことができます。

<仕事の魅力>
子どものかわいい姿や日々成長していく姿、小さなことでも達成感を味っている姿を見ると、「やっててよかったな」とうれしい気持ちになります。年少さんであれば、ボタンを外せるようになったり、年中さんであれば、逆上がりをしようと熱心に鉄棒に向かっていたり、そういった姿を通して、できるようになったうれしさを一緒に感じれることが、この仕事の魅力です。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
1年目はうまく保育ができない、うまく伝えられないもどかしさがありました。フリーの先生に助けてもらって悔しい思いをして泣くこともありました。
2年目は、1年目の経験を活かしながら、うまくできるようになったときは嬉しかったです。同時に任せられる仕事が増えてきた、しんどさも感じました。
年々、保育の経験や幅が広がることで、任せてもらえる仕事が増えて、責任感も増えますが、やってみて終わると「やってよかった」と思います。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
友だちと会って話したり、おいしいごはんを食べたりします。
音楽が好きなので、フェスやライブに行くこともあります。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
「明るさ」と「積極性」を見ています。
明るさを前面に出すのが難しい人もいると思うので、そこまで求めてはいませんが、積極性は持ってほしいと思っています。わからないことや困ったことがあれば、遠慮せずに聞きに来てくれればいいのになと思っています。
忙しそうにしているから迷惑じゃないかなと、聞きにくいタイミングもあるかもしれません。でも、どんなタイミングであっても声をかけてほしいです。すぐに答えられず「ごめん。少し待って。」と言うこともありますが、こちらから声をかける前に聞きに来てくれるとうれしいです。
あと、「提出期限」はよく見られています。毎日、実習内容を書いて提出してもらっていると、実習が進むにつれて寝不足などで書ききれず、提出が遅れてくることがあります。しんどいとは思いますが、点数をあげれないということにもなってくるので、がんばってほしいです。全部書けてなくても、書けたところまでで持って来てもらって、どうやったら書けるのかを学生と一緒に考えるようにした方がよいかもしれないと、先生同士で話し合っているところです。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
ピアノが苦手だったり、絵画が苦手だったり、苦手なことはあると思います。でも、子どもが好きだからこの仕事に携わりたいという学生さんもいると思います。できるに越したことはないので、学生の間に少しでも苦手なことに取り組み、できることを増やしてほしいです。そうすることで仕事を始めてから、しんどくなったり、できなかったと落ち込んだりすることが減ると思います。
私は、ピアノが苦手で、1年目や2年目のときは人に話せないような失敗をしたこともありました。見るのも触れるのも嫌だと思う時もありましたが、できずにいると嫌な思いをすることになるので、時間があるときは園で練習させてもらったり、先輩にピアノを見てもらったりしていました。先輩方からの「演奏中は止まらない」、「片手だけでも弾く」というよなアドバイスを参考にしながら、できる範囲から頑張っていました。今でもピアノが得意になったわけではないので、「簡単バージョンの楽譜を使ってみる」、「前奏部分を『じゃんじゃんじゃ~ん』のように口で言ってから弾き始める」、「YouTubeで動画を見てリズムをつかんでから弾く練習をする」など、いろいろ工夫するようにしています。満足に弾けない分を自分の好きな絵でカバーするときもあります。