幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2020

PROFILE

保育教諭
キャリア:2年目

  • 勤務地:千代川こども園(亀岡市)
  • 出身校:大阪総合保育大学
  • お名前:未弓先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
2歳児のクラス担任をしています。複数担任クラスなので先輩先生にお力添え頂きながら、毎日の設定保育や保護者対応など、子どもが園生活を送る上で必要なほとんどのことに主体で関わらせてもらっています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
園見学に伺った際、子どもたちが生き生きと遊んでいる様子や、自分から挨拶ができた子どもに受容的な声掛けをされている先生方の姿を見て、普段から子どもの姿を大切にした保育をされているんだろうなぁと素敵に感じたからです。
また、私自身が学生時代自然保育に関心をもっていたので、自然と身近に触れ合えそうな広い園庭があることも魅力的でした。
勤務条件としては、完全週休2日制だったのでうまく息抜きしながら働けそうだと感じました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
この仕事は何と言っても、子どもたちと蜜に関わりながら成長を見守り、支えていくことができることが最大の魅力だと思います。普段の何気ないやり取りの中で子どもならではの発想や発言、成長に驚いたり、笑ったり、感動したりと毎日が楽しくて仕方ないです。
園ではそのやり取りを元に「じゃあこんな保育をしてみようか」「こんな遊びをしてみたら面白いんじゃないか」と発展させていき、先輩先生方のご意見も賜りながら実践させてもらえるのでとてもやりがいを感じています。
まだまだうまくいかずに反省することのほうが多いですが、その分毎回沢山の学びを得られるので少しずつではあるものの保育者としてステップアップしている実感もあり、努力も楽しむことができています。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
就職してからはとにかく体力を使うので毎日くたくたで、半年は晩ご飯を食べる暇もなく睡眠時間にあてていたように思います。
また、実習とは違って子どもの発達段階や園行事とのかね合いなど長いスパンでの見通しをもって毎日の保育にあたらないといけないので、子どもに無理のないよう日々の計画を立て、実践するのは未だに難しいです。
何よりも担任をもたせて頂いたことで一度に見る子どもの数が格段に増えたので、日々、様々な業務もある中で子ども一人ひとりとの関わりが薄れることのないよう個別への目配りや声掛けを大切にしていますが、中々うまくいかず反省することも多いです。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
旅行へ行くのが好きなのでぶらっと遠方へ出掛けたり、ドライブしたり、時には友人と美味しい食事をとりながら気の済むまでお喋りしたりして過ごしています。
休日は仕事で緊張しがちな肩の力を抜けるよう、あまり保育のことは考えないようにしていますが、買い物中に気付くとつい保育に使えそうな素材を探していたり、友人と「子どものこんな姿が可愛かった!」といった話で盛り上がったりしていることもしばしばです。
実習中の思い出を教えて下さい。
寝かしつけようとした子どもに手を払われたり、いつもと違う先生であることを理由に嫌がられたりしたことです。
覚悟していたこととはいえ流石にショックは受けましたが、その時の自分の関わり方がどうであったかを振り返った時、子どもの性格や姿をそっちのけにその子にとって性急すぎる距離の縮め方をしていたのではないか?と気付くことができました。
この失敗経験を経たことで今も保育をする上で大切にしている「子どもの立場に立って関わり掛ける」という視点が身に付いたように思います。
子ども一人ひとりと向き合い、個々に合わせて関わり掛けるよう意識したことで、最初は驚く程拒絶してきた子どもが笑顔で話してくれるようになったり、「明日も先生がいいなぁ」なんてことを言ってくれたりするようになり、とても嬉しかったことを覚えています。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
子どもに接する時の表情や言葉の掛け方を見ていることが多いです。特に子どもの中には「実習生に興味はあるけれど自分から関わりにいけない…」という子もいるので、そういった子どもの視線にも気付いて関わり掛けられているのかは気にして見ています。
表情豊かで積極的に子どもと関わろうとしている実習生さんには子どもも嬉しそうに関わりに行くようになるので、実習への姿勢がそういった子どもの姿に顕著に現れており、見ていて分かり易いなぁと尽々感じています。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
私は就職に悩みがあり、相当ぎりぎりまで就活を避けていましたが、今はその頃の自分を笑いとばせる程毎日が楽しく、充実した学びを得ながら仕事できていると思います。
やりがいだけでは仕事はできないと言いますが、その仕事を楽しくするのもまた、やりがいです。
自分にとって大切にしたいのは自分なりの保育観なのか、園の雰囲気なのか、子どもの姿なのか、はたまたお給料なのか。
それは人それぞれだと思います。大変だとは思いますが、沢山悩んで、沢山の園を見て、自分が一番やりがいを感じられそうだと思った現場で楽しく充実したお仕事ができるよう、就職活動頑張ってください。