幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2023

PROFILE

保育教諭
キャリア:7年目

  • 勤務地:幼保連携型認定こども園 山のまち(神戸市北区)
  • アクセス: 神鉄有馬線 「山の街駅」徒歩10分
  • 出身校:頌栄短期大学
  • お名前:みぎた先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
今年度はフリー教諭として、様々なクラスと関わりながら毎日楽しく保育しています。
今まで乳児クラス~幼児クラスまで担任をもってきた経験を活かし、時にはクラスに入ったり、担任の悩んでいることを一緒に考えたり、客観的な目線で保育をより良いものにするために声をかけあったりしています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
学生の時にボランティアとして申し込んだのが、今働いている園で、その時の職員同士の雰囲気や子どもたちがのびのび活動する姿、魅力的な造りの園舎などをみて「将来ここで保育士として働きたい!」と思い、アルバイトも経て就職しました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」そんな言葉が似合う園です。困っていることはすぐに発信して、先輩・後輩関係なく、みんなで解決していけるような雰囲気づくりを心がけています。
子どもたちの一つ、また一つとできることが増えたり、「あ!」と様々な発見をし、学んでいく、笑顔あふれる成長の瞬間に関われるのが、この仕事の最大の魅力だと思います。
神戸市には市内で働く保育士さんのために“6つのいいね”というサポートがあり、私も子どもの保育料を補助してもらったり、奨学金制度費用を補助してもらったり、働きやすい環境が整っています。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
一年目の時は1歳児クラスを担当し、転倒したり、子ども同士のトラブルが多かったり、自分の視野の狭さにくじけそうになったこともありました。子どもが安全に安心して過ごせる環境を作るって大変なことだったんだなと改めて感じました。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
出産、育児も経験し、今は2人の子どもと一緒に日々奮闘しています。
仕事と育児を両立しやすい、ママに優しい園です。
お休みの日は、買い物に行ったり、子どもたちと公園に行ったり、たまった家事をしたりと忙しく過ごしています(笑)
実習中の思い出を教えて下さい。
とにかく記録と指導案が大変で何度も書き直しました…
多くの実習生さんがその大変さに苦労すると思いますが、みんな一緒です!
頑張った分だけ、自分の自信につながっていると思います。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
挨拶と子どもとの関わりです。
社会人に向けての第一歩として、挨拶がしっかりできているとお互いに気持ちいいですよね。
せっかく子どもと関われる貴重な機会なので、積極的に子どもと関わろうとしているか、たくさん話しかけているかを見ています。
保育に正解はないので、一人一人に合った関わりを考えることが大切だと思います。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
園の雰囲気は実際に行ってみないと分からないと思いますが、実習やアルバイト、園見学に行く中で、長く勤めたいと思える園に出会えるといいなと思います。