幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2023

PROFILE

幼稚園教諭
キャリア:7年目

  • 勤務地:石川学園こばと幼稚園(立川市)
  • アクセス: 多摩都市モノレール線 「高松駅」徒歩8分
  • お名前:E先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
クラス担任として、子ども達が安全に、安心して過ごせるように、遊びや活動の中で1人1人に合った援助をしています。降園後は職員会議をして、その日の怪我やトラブル、子ども達の成長を伝え、職員で共有しています。日誌の記入、保護者への連絡、連絡ノートの返信や出席ノートの記入と放課後も大忙し!余裕を持って日々の保育ができるよう、長期休暇中に次学期の指導計画や月案、行事の日案の作成、製作準備、ピアノの練習をしています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
大学4年生の時、こばと幼稚園で1ヶ月間実習をしました。実習前は「保育園で働こうかな、、、」と思っていましたが、素直で明るい子ども達、尊敬できる先生達と毎日関わる中で、「こばと幼稚園の先生になりたい」と思いました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
なわとびが跳べた、初めて給食を完食した等、子ども達の成長を感じると、嬉しくて思わず抱きしめてしまいます。「今日も楽しかった!」「先生、今日は楽しいことご用意してくれてありがとう!」と素直に伝えてくれる子ども達が本当に可愛くてたまりません。また、先生達が現状の保育に満足せず、常に保育の質を上げようと努力をしていて、刺激を受けます。性格も個性もバラバラですが、保育者としても、人としても尊敬できる、愉快で明るい先生達ばかりで、楽しく働いています!
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
現場に出てから、この仕事は「子どもの命を預かる仕事」「子ども達の今後の成長に大きく影響する仕事」だと分かり、責任の重さを実感しました。初めて担任を持った時は、クラスはまとまらず、放課後の仕事も全く終わらず、、、必死の毎日でした。しかし、こばと幼稚園では、つらい時は「つらい!」と言える環境で、現場の声をしっかり聞いてくれます。クラスの補助に入ってもらったり、仕事をフォローしてもらいました。相談し合ったり、助け合ったり、担任1人が抱え込まずに安心して働くことができます。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
「こんな私でも幼稚園の先生になれるのか」「職場の人間関係が心配」と不安を持っている方も多いと思います。私も学生時代はそう思っていました。園見学や実習を通して、「この先生達と一緒に働きたい、ここなら大変なことも乗り越えられる!」と思える園を見つけてみて下さい。