幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2023

PROFILE

保育教諭
キャリア:1年目

  • 勤務地:認定こども園 六甲藤原台幼稚園(神戸市北区)
  • アクセス: 神鉄三田線 「岡場駅」岡場駅より徒歩10分
  • 出身校:神戸親和女子大学
  • お名前:ありさ先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
3歳児クラスの副担任をしています
今の園を選んだ理由を教えてください。
園見学に伺った際に、先生方が笑顔で挨拶をしてくださったり、子ども達にも笑顔で明るく接している様子を見たりして、とても温かい雰囲気の園だと感じました。
また、定期的にリトミックや体育遊び、サクラクレパス等の講師の先生が来て保育をする時間があり、子ども達がのびのびと楽しみながら専門的なことを学ぶことが出来るところに惹かれ、私もこの笑顔溢れる園で保育がしたいと思い選びました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
園の魅力は、子ども達も先生達もみんなが明るく、笑顔で何事にもとりくんでいる所です。園に行くことで、たくさんの元気を貰うことができます。
仕事の魅力は、間近で子どもの成長を感じることができ、子どもと一緒に「できた!」と喜べるところです。子どものちょっとした成長にも気づくことができるのは、この仕事の特権であると思います。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
3歳児クラス担当なので、まだ園生活に慣れていない子どもが多いため、どのような声掛けや援助をしたら、子ども達が安心して楽しく園生活を過ごせるのか、日々試行錯誤しています。子ども一人ひとりに寄り添い、その子にあった接し方を考えなければならないので、難しく大変だと感じます。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
お菓子作りをしたり、イラストを描いたりしています。自分の好きなことをする事で、仕事とプライベートの切り替えがしやすく、リフレッシュすることができます。
実習中の思い出を教えて下さい。
子ども全員が楽しめるように、活動の順序や時間配分を考えることの大切さに気付きました。
全日実習で紙コップを用いたピョンピョンカエルの製作遊びを行いました。その中で、丁寧にカエルの模様を描きたい子、それよりも早く作った作品で遊びたい子などいろいろな様子が見られました。その様子を見て、子どもが我慢せずに自分の思い思いの作品を作ることができるように、活動の順序や時間配分を考える必要があると学びました。この経験を通して、子ども達のそれぞれの思いを汲み取って活動に活かせるような保育者になりたいと思いました。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
笑顔で子どもと関わっているか、挨拶
就活中の学生へメッセージをお願いします。
どの園が自分に合っているのかを探すのはとても大変なことだとは思いますが、ネットの情報だけでなく、実際にたくさん園見学に行って、園の雰囲気や子ども達の様子などを知ることが大切だと思います。実際に園に出向いてみて、気づき、感じられることがたくさんあります。
保育の仕事は楽しいことばかりではないですが、毎日かわいい子ども達の成長を間近で感じ、一緒に喜ぶことができるとても素敵な仕事だと思います。自分に合った園を見つけることができるように頑張って下さい。応援しています!