幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2023

PROFILE

保育教諭
キャリア:2年目

  • 勤務地:認定こども園 六甲藤原台幼稚園(神戸市北区)
  • アクセス: 神鉄三田線 「岡場駅」岡場駅より徒歩10分
  • 出身校:神戸女子短期大学
  • お名前:ことは先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
預かり保育3歳児クラスの担任をしています
今の園を選んだ理由を教えてください。
私自身もこの園に通っていたという事もあり、とても思い出深い場所で大好きな園だからです。そこから園見学、実習、アルバイトを通して、昔と変わらないあたたかい園の雰囲気、子ども達の活き活きとした姿、優しくて明るい先生方に心惹かれ、ここに六甲藤原台幼稚園を選びました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
園の魅力は、子ども達が楽しいと思える遊びや体験が出来る環境が備わっているところです。毎日、子ども達の笑い声や伸び伸びとした姿が見られます。様々なことに挑戦してみるなど、今しかできない経験が出来るという所に私は魅力を感じました。
仕事の魅力は、先生自身も「挑戦してみよう!」という姿勢で取り組める所だと思います。そこで得た経験が次の保育に繋がって、さらに良いものを作ることができるのだと日々保育から学んでいます。毎日、新たな発見が見つかってとても楽しいです。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
十人十色のように色んな子ども達がいて、それぞれの子どもに応じた声掛けが必要だったり、関わり方があったりで、そこが難しいなと感じます。あとは、実際に私が前に立って保育をするとき、いかに子ども達の興味をひくことができるか、手遊び一つにしても工夫が必要で毎日探り探り頑張っています。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
私は食べることがとても好きで、いろんなお店を調べてはよく食べに出かけます。今はあまり遠出が出来ませんが、県内だけでなく色んなところに行ってみたいなと思っています。また最近、料理に挑戦していますが、まだまだ人に振舞えるレベルではないので、これから少しずつ腕を磨いていこうと思います。
実習中の思い出を教えて下さい。
1番の思い出は子どもたちに対する接し方です。子どもが今日も1日気持ちよく過ごせるような声掛け、表情、スキンシップの取り方など、どれも真似したくなるくらい素敵だったことを覚えています。そんな中で私が印象的に残っているのは、運動会の思い出の絵を描く活動の時のことです。1人の子どもがなかなか描きだすことが出来ず、手が止まっていました。私もなんと声を掛けていいのか分からず、困っていると担任の先生が来て、「こんなことをしたよね、何が楽しかった?」というような、無理やり描いてと強要するのではなく、その子どもに寄り添いながら話しかける姿がありました。その後、子どもは夢中になって絵を描いていました。これもその子どもと保育者の信頼関係が、毎日の積み重ねから出来ているからだと思いました。この経験から、普段の何気ない子どもとの接し方1つにしても、子どもと関係を築いていく上でとても大切なことだと学ぶことができました。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
明るく元気なところ、子どもが大好きだという気持ち
就活中の学生へメッセージをお願いします。
自分に合った場所を1つに絞ることはとても難しいことだと思いますが、色んな所に園見学に行き雰囲気を見たり、お話を聞いたりしてみてください。「ここだ!」と思う場所がきっと見つかるはずです。私も楽しいと思える素敵な園で働くことが出来ています。大変なこともありますが、とてもやりがいを感じる職業だと思います。同じ保育者同士、共に頑張っていきましょう!応援しています。