幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2022

PROFILE

保育士
キャリア:10年目以上

  • 勤務地:第2住之江保育園(大阪市住之江区)
  • アクセス: 大阪メトロ四つ橋線 「住之江公園駅」徒歩10分
  • 出身校:大阪信愛学院短期大学
  • お名前:H先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
0、1歳児の主担をさせてもらってます。
主担の先生と副担任の違いは、私以外はパートの先生なので、その中でも書類を書いてくれるパートの先生と掃除などの基本的雑務をしてくれる先生と分れています。
パートの先生と週替わりで保育をしています。
設定保育ではリトミック、製作、おままごとをしたり、3階のホールがあるのでそこで室内サーキットをしています。
サーキットは室内の滑り台や少し大きめの知育遊具、凸凹の道があったり、凸凹の道を保育士と一緒に手をつないで歩いたり見たり、滑り台も2種類あって、ローラーで滑るものとハシゴを上って、1本橋渡って、滑り台をするという高度なものがあったりするので、高月齢児、低月齢児半々で分かれて取り組んでいます。
今の園を選んだ理由を教えてください。
1番は家から近いこと、子どもがいるので残業が少ないという部分で、自分の子どもとこの時間に帰ってくるという約束が出来るので家庭と両立できる時間帯での勤務が叶うことかなと思います。
ほとんど毎日ノー残業ですし、子どもの体調不良などでお休みをもらうこともしやすいです。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
残業が少ないことはもちろんですが、保育士間、主担の先生同士、話がしやすいところはあるかなと思います。
各クラス良いことも悪いことも、様々な情報が会議をしなくても、ちょっとした時に話をしているので、主担が知っている話は全体が知っていることが多く連携がとれていると思います。
会議は少なくて、月1回です。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
結婚を機に前の職場を辞めました。子どもの出産で前の職場は残業もあり、行事前はもう終電で帰るような職場だったので、子どもを産んで保育士をまた出来るとは思っていませんでした。
それを思うと様々な園を見て自分にあった園を探すことが正解なのかなと思います。
子どもを産んでいざ自分が家庭を持った時に戻れる職場もある、その部分では前の園の残業は大変だったなと今は思います。
昔の自分はまだまだ未熟で、子どもが暴れて部屋から飛び出したりを経験し、子どもとの関わりがわかってきて、自分にゆとりが出てきたことでやりがいを感じられるようになっていきました。こうやって自分が主担を持たせてもらって任せてもらっていることはすごくやりがいを感じます。
実習中の思い出を教えて下さい。
何も出来なかったと思います。実習へ行っていた時のことはあまり記憶にないのですが、覚えていることは短大の先生に『もっと積極的に動かないといけない』と言われた記憶があります。それは鮮明に残ってます。
自分では積極的に動いていたつもりだったのにあれだと足りなかったのか、、、と思いましたね。
あとは絵本を読んでいて年中だったと思うのですが、本当に収拾がつかなったということは覚えています。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
子どもと遊んでくれているかな、というところを見ます。遊ぼうとしているかな?
自分なりに『これ作ってみようか?』とかそういう子どもとのやりとりを見ています。
保育士になりたいんです、この仕事すごく好きですと言う人は、子どもと遊んでいる姿を見るとわかるなと思います。子どもが好きでこの仕事がずっとしたい、憧れている人と仕事がしたいなと思います。
あとは実習生さんが何かわからないことがありそうだと思って、保育士が「大丈夫?」と声をかけた時は質問してくれると嬉しいなと思います。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
私も今はベテランと言って頂く立場になりましたが、始めはたくさん怒られてきたし、失敗もしてきました。
『なんでそんなこと言われないといけないのか?』と思ったこともありましたが、出だしはみんな一緒だと思います。今となっては指導してもらったことも『こういうことだったんだ』と気づくことがあり、命を預かっているので危ない、命に関わる怪我をすることが何回も起こりえるので子どものために声をかけ合いながら、止めれるところは止めていく、連携を取りながら大切に頑張ってほしいです。
人間関係も上手くいく、いかないこともあると思いますが、ひとつ嫌なことがあって「じゃあ辞めようかな」はやめた方がいいかなと思います。
様々な経験を糧に頑張ってくださいね!