幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2022

PROFILE

保育士
キャリア:3年目

  • 勤務地:第2住之江保育園(大阪市住之江区)
  • アクセス: 大阪メトロ四つ橋線 「住之江公園駅」徒歩10分
  • 出身校:大阪健康福祉短期大学
  • お名前:K先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
今年で3年目です。
今は0歳児と1歳児の担当をしています。
0歳は8人、3人の先生で見ています。たまに1歳児担当の先生が見てくれることもあります。
お誕生日会がある日だと、0歳~5歳児合同でお誕生日会をみんなでお祝いしていましたが、コロナの関係で今は各クラスで0・1歳児は合同でお誕生日会をしています。
幼児の運動会の代わりに乳児は保育交流会をします。保育交流会では、親子で一緒にミニ運動会をするのでクラスでも練習しています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
前に働いていたこども園は、0歳から5歳児で250人以上の大きな園でした。
通勤しにくい場所にあり、最寄り駅から片道1時間半以上かかっていました。
今の第2住之江保育園は、南海本線1本で来れるので通勤しやすく、0歳~5歳児さんの人数も少ないので、保育しやすいと思いました。園長先生も話しやすいです。
あと持ち帰りの仕事がないことも嬉しいところです。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
行事前や製作物など、乳児の先生も幼児の先生もクラスも関係なく、みんなで協力し合えることが魅力の1つかと思います。人間関係もいいと思います。
30代半ばのベテラン先生が多く、保育のことに関してもそうですが子育てされてきた方ばかりなので勉強になる部分がたくさんあります。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
仕事をする前は子どもがかわいい、子どもが好きと思ってましたが、実際に働いてみるとそれだけではなく、子育て経験もないので、学生時代よりも保育士になってからの方が勉強することは多いと思いました。
他にも思っていたよりも書類の仕事が多く、学校で習ったことがないようなこともあって驚きました。
ピアノも苦手なので弾きながら歌うことは難しいですし、特に保護者の方の前でピアノを弾いた時はものすごく緊張しました。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
休みが取れたら、1泊2日で出かけたり、ディズニーランドへ行ったりすることも好きですが、最近はコロナの関係もあり自宅にいることが多いです。
自宅では家の中で動画を見たり、録画したテレビを見たりすることが多いです。
あとは保育の本でそこにしか置いていない本を探しに難波や梅田へ行くこともあります。
実習中の思い出を教えて下さい。
幼稚園実習は短大1年目も2年目も母園の公立幼稚園へ行きました。
園長先生や副園長先生は知っている先生だったので親切にしてくれたり、働いてる先生たちも優しくしてくださいました。
その中で特に印象に残っている出来事は、実習の時期が夏で、勤務後に実習記録を書いていると調理師の方がオクラを切って醤油漬けにしたものを持って来てくださって、私はその時苦手な納豆と似ている気がしていたのでオクラを食べたことがなかったのですが、それがすごくおいしかったことを覚えています。
実習の時はピアノは「おはようの歌とおかえりの歌」を弾きました。
ピアノがすごく苦手の中、弾いたおかえりの歌がボロボロすぎて、子どもたちが「先生がんばれー!」と応援してくれました。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
挨拶や子どもにどういう風に関わっているか、実習に来て実習生さん自身が楽しそうにしているか、どうしようどうしようと困ったりしていないかなどを見ています。
私もまだまだですが、子どもたちはすごく保育士の姿を見ているので実習生さん自身が楽しくないと子どもたちも楽しめないかなと思います。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
大切なことは『この仕事を続けたい』『子どもが好き』『子どもと関わりたい』『子どもと一緒に成長したい』そういった気持ちなのかなと思います。私も子どもと一緒に成長中です。
ピアノは下手でも大丈夫です!下手でも大丈夫ですけど、毎日弾くということが大事なことなのかなって思います。
弾けるようになるには指が慣れる、自然と指が動くようになるためにも家で30分以上弾いた方が良いのかなと思います。
私は決まった時間に練習することが苦手なので、思い立った時にぶっ通しで2時間とか時間を決めて練習します。
それでも家で練習することと子どもの前で弾いているのとではプレッシャーが違うので、多くの人の前で弾く場を積み重ねることも必要かと思います。