幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2022

PROFILE

保育教諭
キャリア:7年目

  • 勤務地:認定こども園 恵徳幼稚園(東大阪市)
  • アクセス: 近鉄奈良線 「東花園駅」南へ徒歩10分
  • 出身校:白鳳短期大学
  • お名前:平松先生・北井先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
現在は5歳児クラスの担任をしています。子どもたちの「何で?」「どうして?」という、疑問や好奇心を大切に保育に取り組んでいます。すぐに答えを教えるのではなくて、自分で答えを出せるような声掛けをしたり、時には一緒になって考えるなど心掛けています。(5歳児担任/平松 2015年入職)                                                                                                                                           
入職後は先輩にサポートしていただきながら、担任として経験を積み、現在は担任を持たないフリーとして、業務に取り組んでいます。(フリー/北井 2016年入職)
今の園を選んだ理由を教えてください。
人格形成に大きく関わる幼児教育に興味を持ち、保育教諭を目指しました。私は恵徳幼稚園の卒園生なのですが、当時と変わらない雰囲気と、子ども達の自主性を育てる教育方針に惹かれ、入職を決めました。(フリー/北井)
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
幼児期の生活は人格形成に大きく影響します。そんな大切な時期に携われることは、私にとって大きなやりがい。子どもたちの可能性を引き出し、伸ばせる保育を目指しています。伝統や従来のやり方も大切にしながら、時代や状況に合わせた変化も必要だと考えています。子どもの反応をみながら、やりたいことや興味のあることに敏感に反応していきたいです。新しい保育に挑戦しながら、私自身も子どもたちと一緒に成長していけるところがこの仕事の魅力だと思います。(5歳児担任/平松)
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
私達が保育で心がけていることは、子どもたちと一緒に楽しむときは思いきり楽しんで、教育するときはとことん真剣に向き合うことです。そのために遊びの時間は笑顔で、教育の時間はマジメな顔で・・・と、シーンによって表情や話し方を変えています。                                                                                                                    また、子どもたちの表情も注意して見るようにしています。カリキュラムを嫌々取り組んでいないか、楽しんで学んでいるかなどを常に観察。一人ひとりに合わせた声掛けを行い、意欲をもって取り組めるよう工夫しています。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
夏休みと冬休みは1週間から10日間の連続した休暇をとることができるので、旅行にいったりしています。                                                                                                                                                                 
オフの充実は、オンの保育にとって、広い視野を持ったり、何でも興味を持って取り組めるなど良い影響があると実感しています。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
1年目の頃は、いっぱいいっぱいで不安だらけでした。でも今は、自分で考えて保育に取り組むことができるように。それもこれも、伸び伸びと取り組める環境と、先輩の支えがあったから。恵徳幼稚園なら、先生一人ひとりの個性を伸ばし、大きく成長できる環境があります。私達と一緒に保育をしてみませんか?