幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2021

PROFILE

保育教諭
キャリア:6年目

  • 勤務地:千草保育園(名古屋市千種区)
  • 出身校:名古屋文化学園保育専門学校
  • お名前:A先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
年長児の担任として勤務しています。
年長は、小学校進学に関わる幼児教育の最後の学年ということで、一人ひとりの気持ちを大切に、集団としての生活環境や、自立を目指すための環境づくりを意識的に行っています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
学校の夏休みを利用し、アルバイトをさせていただきました。その際に、子どもたちと保育者の雰囲気、関係性がすごくよくわかり、“私もあの保育者のようになりたい”という憧れを抱きました。他の園も見学し、それぞれの特徴など、比べ、どの園に行けばあの保育者のようになれるのか、どうしたらなれるのかを自問自答しました。その結果“私は千草保育園で働きたい”という気持ちが強くなり、面接を受けることにしました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
一番は、人間関係だと思います。年齢層こそバラバラな中でも、それぞれが担っている役割や、日頃の保育の中で悩んでいること、困っていることを話し合うことも気兼ねなくできます。
なんといっても、変化が得られること!子どもたちの成長だけでなく、一日として同じ日を過ごすことがないので、毎日目標を持って過ごすことができること!これが一番の魅力!“昨日は、あの子と関わる時間が少なかったから今日は、たくさん関わるようにしよう”“昨日の言葉がけ少し捕捉が足りなかったから、今日はもう少しわかりやすい言葉で簡単に話そう”など、振り返りをしながら、次に活かす!目標があると、楽しく過ごせます。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
やはり一人ひとりの性格が違うので、最初は、どんな子なんだろうと観察する日々が続きます。まるで入学式の後の小学生のように“楽しみなんだけど、友達出来るかな?”“勉強わかるかな?”などの楽しみと不安が混ざる感じです。これは、毎年必ず感じます。でも、子どもたちは、そんな不安な気持ちも吹き飛ばしてくれるような笑顔をくれますし、進級園児のことは、前の担任の先生からの引継ぎもあるので、心配ありません。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
私もそうでしたが、緊張していて自分の本来の姿を出せないのが本音だと思います。最初からうまくできるかなとか、失敗したらどうしようとかいろいろな葛藤の中で臨んでいると思うので、一番みるところは積極性です。子どもたちとの関わり、保育技術(絵本の読み聞かせや手遊びなど)への挑戦、“今日は、部分実習の日だからそこだけ頑張ろう”はNGです。ちょっとしたタイミングでも、“絵本の読み聞かせやってみよう”“今日は手遊び一緒にやりたいな”のチャレンジする気持ちを大切にしてほしいです。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
どんなことでもチャレンジすることが大事だと思います。就職先を探すときは、自分にチャレンジできる場所があるかどうか、目標を持って毎日過ごせる場所なのか、いろいろな目線で探すといいと思います。