幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2021

PROFILE

保育教諭
キャリア:6年目

  • 勤務地:下鳥羽こども園(京都市伏見区)
  • 出身校:京都聖母女学院短期大学
  • お名前:村井 先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
今年度は、3,4歳の異年齢グループの担任で4歳児の担当をしています。
25名の園児たちを1人で見ています。

お部屋あそびではLEGOやパズルなど手先の使ったあそびや子どもたちでも楽しめる簡単なルールのあるボードゲームを楽しんでいます。

園庭ではボール遊びやジャングルジム、総合遊具、三輪車などで遊んですごしています。
夏の暑い時期ではプールあそびや、水てっぽうを使った水遊び、絵の具でボディーペィンティングなどをしてあそんでいます!

また、子ども達同士で手をつないで近くの公園へ散歩に行くこともあります。
散歩では子ども達が安全に歩けるように十分気をつけています!
今の園を選んだ理由を教えてください。
私は、出身園も実習園も下鳥羽こども園ではなかったのですが、園見学にこさせて頂いた時に子ども達が自由に好きなおもちゃで楽しそうに遊んでいる姿を見て「ここにしよう!」と思いました。

また、働くうえで、人間関係に不安を感じていたのですが、園長先生を始め、たくさんの先輩先生方にとても気さくに話しかけて頂き、人間関係に不安を抱くことがなさそうだったので、下鳥羽こども園を選びました(^^♪
 
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
園を選んだ理由と重なりますが、下鳥羽こども園は保育士の人間関係がいいなと思います。保育を進めていく中で分からないことがあれば、どの先生方も快く相談にのって頂きアドバイスもたくさんくれるので楽しい環境の中で保育をすることができます。そういったところがこの園の魅力かなと思います。

この仕事の魅力は、たくさんの子どもの成長を近くで感じられることができることだと思います。幼児組だと、前までは一人で遊んだり保育士と遊んだりしていた子たちが、友達と一緒に楽しく遊んだりしている姿を見ると成長したなぁと感じます(^。^)
また、その成長をたくさんの保育士同士で分かち合えるのもこの仕事の一つだと思います!
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
保育の中であるあそびを取り入れたとき、あまり子ども達が乗り気にならず、反応があまり良くなかったこともあります。
そういう時に子ども達の興味が向くように仕掛けるのがまだまだ難しくいつも悩んでいます(*_*;

仕事について感じたギャップと言えば、こども園なのでただ保育中に遊ぶだけじゃなく、1~10の数を教えたり、簡単な折り紙の折り方を教えたりなど教育要素も入ってくることだなと思いました。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
私はカメラで写真を撮るのが好きで、マイカメラを持って景色の良い所へ行ったり、植物園などに行って写真を撮っています♪
パシャッという音が好きでカメラ活動をしている時は我を忘れ夢中になって写真を撮っています^^
実習中の思い出を教えて下さい。
実習中の思い出はただただ実習簿や指導案の記録が大変だったことです(^-^;
一日子ども達と一緒にすごし、家に帰って来てからの記録。
保育士さんはそれでも毎日笑顔で子ども達と関わっているのを見て、「すごいなぁ」と思っていました。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
子どもとの関わり方や積極性を見るようにしています。
実習は何も分からないのが当たり前だと思っています。その中でお部屋での過ごし方、気をつけていることなど教えるのが私たちの仕事だと思っています。
なので、何をしたらいいか分からない時は、「次何をしたらいいですか?」と声をかけてくれるととても積極性があるなと関心します(^^)

就活中の学生へメッセージをお願いします。
保育園やこども園は一ヶ所や二ヶ所だけではなく、たくさんあります。
その中で子ども達がのびのびと生活している姿や、先生たちが楽しそうに保育をしている姿を園選びの中で見てみてください!
きっと自分にあった楽しい保育士生活が送れると思います(^^)/