幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2020

PROFILE

保育士
キャリア:10年目

  • 勤務地:モーツァルトしずかこども園(京都市伏見区)
  • 出身校:京都文教短期大学
  • お名前:ひろみ先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
4歳児クラスを担任しています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
職員を大事にしている印象と子ども達ののびのびした笑顔が心に残ったからです。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
開園当初からモーツァルトしずかこども園で働いています。大学卒業後は別の園で2年働き、スキルアップを目指して他の園を探している時に、フジの会にこども園が開園することを知りました。見学へ伺うと、職員を大事にしている印象が心に残ったのと、姉妹園の子ども達の笑顔がのびのびしていたのが入職の決め手です。
 2回産休を取らせていただき、現在は5歳と0歳の2児の母親でもあります。20名のスタッフのうち4名が育児休業や時短勤務などの制度を利用し、子育てをしながら働いています。普段から持ち帰りの仕事がなく、書類が多い月末も分担して業務時間内に全て終わらせられるので、家に帰ると家事育児に専念できるのは本当にありがたいです。
 
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
保護者様と一緒に子どもの成長を喜びを分かち合えるのがやりがいの一つです。
日々の成長や様子を保護者様にお伝えするためお帳面に細かく書くよう心がけています。
最初は記入するにも時間がかかり、困ったことがありましたが他の先生のアドバイスを受けながら勉強しました。
「こども園で楽しんでいる様子が伝わってくるので安心して仕事へいけます」という言葉をかけていただいたときはすごく嬉しかったです。同じ母親という立場になり、保護者様の気持ちに寄り添える部分が増えたと思います。目指すのは子ども達の主体性を大切にした保育。研修などで時代の変化に応じた新しい知識を学びながら、これからも働き続けたいです。