幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2020

PROFILE

保育教諭
キャリア:1年目

  • 勤務地:幼保連携型認定こども園 大原野こども園(京都市西京区)
  • 出身校:神戸元町こども専門学校
  • お名前:久保見先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
今年度、2歳児クラス24名園児の担当です!
クラスは6人の職員で保育しています。

最近2歳児は、広い園庭で泥あそびや虫さがしをして遊んでいます。
また、砂場でケーキを作ったり、虫の形に作っている子どももいます。

大原野こども園はコーナー遊びを大事にしています。
各クラスの先生たちが子どもに合わせていろいろなコーナーを作っていて、子どもたちが選んで好きなコーナーで遊ぶんです。
おままごとコーナー、一人遊びコーナー、ジャンプ台、絵本コーナー、つみきコーナーなど。
机で遊ぶときは、お絵描きやシール貼り、小麦粉ねんどなどでも遊んでいます(^^)
今の園を選んだ理由を教えてください。
学校の実習で、大原野こども園を実習先に選びました。
家からも近くで、自然に囲まれている園だったので興味を持っていました。

実習に来てみると家庭的な雰囲気で、とても温かみのある園だなぁと思いました。
実習中もいろいろな先生が声をかけてくれ、日誌の書き方も丁寧に教えてくれました。
担当の先生だけではなく、周りの先生みんなが自分のことを見ていてくれて、実習生として取り組みやすい環境を作ってくれました。
この中で働きたいと、大原野こども園に決めました!
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
大原野こども園の魅力は、副園長先生など管理職の立場にある先生でも一年目の先生に親しく関わってくれるところです。
職員同士が親しみをもてるように関わってくれます。
何か失敗しても共感して励ましてくれます。気が付いたところは声を掛けてくれる優しさがあります。
先日も保護者対応で困っていたら、先輩の先生が入ってくれ、一緒に考えてくれました。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
子どもに合わせながら、生活を支えることは大変です。
子どもみんなでトイレに行くときも、わざと走る子もいれば、全然来ない子どももいます。
無理やりこっちに来なさいとは言えないし、子どもに合わせてどう対応していくか悩んでいます。
トイレトレーニングも始まってきているので、その子にとっての良いタイミングを見つけていくのが難しいです。発達を見極めて保育しなければいけないと感じています。

また、子ども同士のケンカの時も対応も難しいです。
無理矢理違う子が遊んでいるものを取ってしまう子どもに対して、どう対応したらいいのか。日々考えています。

プライベートはどうやって過ごしていますか?
スポーツジムで運動したりもしているのですが、家でゲームするのも好きです。
ドランゴンクエストやファイナルファンタジー、バイオハザードをしています。

5歳と7歳の妹がいるのですが、一緒にMOMOテラスのキッズコーナーや京都タワーに上りました。
イオンに行って映画を見たりと、妹と一緒に遊ぶこともあります。

実習中の思い出を教えて下さい。
やはり実習日誌を書くのが大変でした。
ただ、大変な分気づいた部分を多くありました。実習期間、経験を積むことで、見えてくるものがあったと実感しました。
実習中は大変だと思うこともあったのですが、終わったらやってよかったと思えました。

学校の教科書で習っていることは、現場で働く時の参考程度で、実際に現場で起こっていることに対応するのが必要だと感じました。
現場見てこその勉強だと思ったのを覚えています。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
自分から子どもと関わろうとしているかが一番大事だと思います。
実習中は大変だと思いますが、その中でも楽しもうとしているかを見ようと思います。
先生の目を気にして関われないこともあると思いますが、素直に関わろうとしているか、そして自分自身も実習生が素直に関われる環境を作ってあげたいと思っています。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
僕は、学生で勉強している方が園で働くよりもしんどかったです(笑)
まわりには実習で心が折れて、保育士を辞めた人が多かったのですが、それを乗り越えて保育士になったら、楽しいことが多いと思っています。
保育士になったら保育士としての自覚も出て、実習のときにはなかった楽しさがあります。
保育士は楽しい仕事です!
ぜひ頑張ってください!!