幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2019

PROFILE

保育教諭
キャリア:5年目

  • 勤務地:幼保連携型認定こども園 四季の風幼稚舎(大阪府)
  • 出身校:大阪キリスト教短期大学
  • お名前:川村先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
本年度は年中クラスの主担任をしています。幼児クラスは基本2名でクラスを受け持ちます。昨年は一つ上の先生と年長クラスの担任をしました。年長クラスのプレッシャーや本当に自分たちに勤まるのか不安でしたが、無事卒園していったときに主担任の先生とともに本当に言い表せないような感動や喜びを感じました。この経験をもとにもう一人の担任とクラスについていつも相談しながら、子どもたちと毎日遊んだり歌ったりと過ごしています。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
「子どもたちには将来の幸せに向けたビジョンが必要で、そのために今の時期をどう過ごすのかを考えた保育が大切なように、私たちも今をどう過ごすのかが大切だし先生としてのキャリアをデザインすることが重要」と園長先生にはいつも言われます。主担任は初めてで「大切なことを子どもたちにどのように伝えるのか」など不安なこともありますが、そのたびに「不安や迷いは真剣に向き合うから感じるものでそれは恥ずかしがることはない。それこそが自身のキャリアが育まれる大きな力になる」と励まされます。園のカリキュラムを「初めてに挑戦する園児たち」と同じ気持ちで日々保育に向き合っています。子どもたちの頑張りとともに自分自身も育てられていると本当に感じます。子どもたちとともに先生たちも成長することを大切に、園児たちとともに園全体の一体感が感じられるところが私は良いと感じています。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
私も就職説明会で四季の風の園長先生に「何が出来るかよりどう向き合うのかが大切」ということを聞かされました。今も聞かされます。この5年間の色々な体験から本当にそうだなと実感します。私も就職活動のころ最初は不安と迷いでいっぱいでした。今ではその時の不安はなくなりましたが、仕事に向き合うほど別の形の難しさや迷いは生まれてきます。だからその気持ちに負けず向き合うことが大切だしそれが自分の成長や先生ならではの感動に繋がるのだと思います。私は私自身の就職活動にとても満足しています。そして私はこの園に自分の居場所を見つけました。皆さんにとって本当に素晴らしい園に出合われることを心からお祈のりしています。もしご縁があれば一緒に頑張りましょう。