≪保育の アルバイト ≫やっていてよかった!現場経験が自分の強みに

  1. その他お役立ち情報

保育の アルバイト に興味はありますか?保育士の私が学生時代「やっていてよかった!」と感じた、保育の アルバイト の経験談をご紹介します。保育学生にとってはメリットがいっぱいでおすすめ!興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

index

1.保育の アルバイト はおすすめ!

学生のみなさんは、
何か アルバイト をしていますか?
私も学生時代は、色々な アルバイト を経験しました。
様々な職種の アルバイト をすることは社会経験として大切ですが、
私が特におすすめしたいのは、
保育の アルバイト
実際に私自身も就職前の1年ちょっと、
託児施設で保育の アルバイト をしていました。
この保育の アルバイト 、
保育学生にとってメリットがいっぱい!
今回は、私の経験談をご紹介し、
学生のみなさんに保育の アルバイト をおすすめしたいと思います♪

2.≪経験談≫メリットいっぱい保育の アルバイト

それでは、私が保育の アルバイト を経験した中で感じた、
保育学生にとってのメリットをご紹介します。

【①子どもとの関わりが日常的に】

普段の生活で、
子ども達と関わる機会はなかなかありませんよね。
私も、 アルバイト を始めるまでは子ども達と関わる機会がありませんでした。
そのため保育実習に行くと
子ども達と上手く関われるかな…
不安がいっぱい。
子どものことは好きだけれど、子どもとの関わりに自信がない
そんな学生さんは少なくないはず。
でも、保育の アルバイト をしていると日常的に子ども達と関わるので、
自然な関わりができるようになりますよ。
どうすれば子ども達を惹きつけられるか、
少しずつコツをつかんでいけると思います♪

【②保育士さんのテクニックを学べる】

保育士さんの関わり方援助の仕方を学べるのは、
保育実習だけではありません。
保育の アルバイト をしていると、
保育士さんのテクニックを身近で見ることができ、
とても勉強になりました。
手遊びや出し物、ふれあい遊びや体操など…
色々な保育ネタに触れることで、
自分の保育の引き出しも増えていくはず!
また、学校ではなかなか学べない、
保育現場ならではの臨機応変な判断・対応。
こんな風に対応する場合もあるんだ…
と、保育士さんの判断や対応を見て学ぶことが多かったです。

【③出し物を実践できる】

保育の アルバイト をしていると、
実際に自分も保育ネタを見せることがあるかもしれません。
私も、 アルバイト の中で手遊びや製作遊びをやらせて頂いたことがありました。
緊張したり失敗したりした部分もありましたが、
自分でやることで気付く部分も多くあり、
次はこんな風にしたらどうかな…
これは保育実習でもやってみよう!
と、少しずつ自信につながることもありました。

【④保護者の方との関わりを学べる】

保護者の方との関わりは、
保育実習ではなかなか学びにくいもの。
保護者の方は自分よりも年上の方ばかりですから、
とても緊張しますよね。
私自身も、最初は緊張で上手く話せませんでした
でも、保育の アルバイト を続けていくうちに、
保育士さんのようにはいきませんが、
少しずつ会話のコツをつかんでいくことができました。
今保育の現場では、『保護者支援』がかなり重要です。
学生のうちから、保護者の方と関わる機会があることで、
『保護者支援』について考えるきっかけにもなるのではないかと思います。

【⑤働くイメージが湧く】

保育の アルバイト をする前は、
保育士としてちゃんと働けるかな…
と半分自信がなく
自分の将来のイメージがぼんやりとしていました。
でも、保育の アルバイト をしてからは保育現場が身近になり、
将来自分が保育士として働くイメージが湧いてきました。
イメージが湧いたことで、
自分はどのような園で働きたいのかということも、
きちんと考えられるようになりましたよ♪

【⑥勉強しながらお給料ももらえる】

アルバイト なので、
もちろんお給料をもらうことができます。
勉強しながらもお給料がもらえるのは、大きなメリット!
ただ、気を付けてほしいのは、
『先生』として働く自覚をしっかりと持つということ。
まだ保育士資格はありませんが、
子ども達にとっては一人の先生です。
また、見習いでもお給料を払って雇ってくれる保育園も、
あなたを信じている証。
きちんと責任自覚をもって、保育の アルバイト をすることが大切です。

3.保育現場での経験はあなたの強みに

いかがでしたか?
今回は、私が保育の アルバイト を経験した中で感じた、
保育学生にとってのメリットをご紹介しました。
現場での経験は、必ずあなたの強みになります。
この記事を読んで、
保育の アルバイト に挑戦してみたい!
と感じた方は、勇気を出して一歩踏み出してみましょう♪
未来の保育士さんを応援しています!
↓こちらの記事もおすすめ♪

執筆者:たか 先生(保育教諭1)

保育学生にうれしい情報がいっぱい!