保育の『 環境構成 』実習ではココを見よう!記録するべきポイントとは?

  1. 学びコラム

保育の『 環境構成 』をどのようにとらえていますか?実習日誌に記録する時、見取り図だけで終わらせていませんか?今回は、実習で『 環境構成 』として学ぶべき、記録するべきポイントをご紹介します。貴重な保育実習を有意義なものとしましょう。

index

1.実習日誌に記録する『 環境構成 』

保育実習中は日々学んだことや、気付いたことなどを
実習日誌に書き込んでいきます。
今回はその日誌の内容のひとつである、
環境構成 』について取り上げたいと思います。
みなさんはこの『 環境構成 』をどのように記録していますか?
よくあるパターンとしては、
保育室の見取り図を記録するというもの。
もちろん、この見取り図も大切な記録のひとつです。
しかし、見取り図を描くだけで終わらせていませんか
保育室内の配置だけを記録しても、
あまり意味がありません。
では、どのように『 環境構成 』をとらえて、記録すれば良いのか?
まず、保育における『環境』とは、
保育の環境には、保育士等や子どもなどの人的環境、施設や遊具などの物的環境、更には自然や社会の事象などがある。保育所は、こうした人、物、場などの環境が相互に関連し合い、子どもの生活が豊かなものとなるよう、次の事項に留意しつつ、計画的に環境を構成し、工夫して保育しなければならない。
出典:厚生労働省 『保育所保育指針』 第1章 総則・1 保育所保育に関する基本原則・(4)保育の環境
保育所保育指針で示されているように、
保育の『環境』は、人・物・場を指しています。
この人・物・場を含めた環境が、どう構成されているのか、
それが『 環境構成 』です。
この『 環境構成 』はそれぞれ意味をもち、計画的に行われています。
ですから、ただ見た目を記録するのではなく、
その意味、保育士さんの意図をしっかりと学ぶことが大切です。

2.『 環境構成 』で記録するべきポイント

まず、記録の書き方として、
・見取り図で全体を見やすく
・細かい気付きは箇条書き
・動線は矢印などを使って表現
このように工夫すると見やすいものとなります。
ぞれぞれの場面で、上手く使い分けましょう。
では、保育の『 環境構成 』について記録するべきポイントをご紹介します。

【保育室の 環境構成 】

全体的な配置
まず、保育室の全体的な配置を記録しましょう。
動線はどうなっているのか、安全面で配慮されていることは何か、生活の場と遊びの場をどのように分けてあるのかなど、
全体的な配置から、細かい部分を掘り下げていきましょう。
生活の場面
生活の中にも、実習生が見るべき『 環境構成 』のポイントはたくさんあります。
例えば、食事の配膳時やテーブルでの子どもと保育士の座る位置、
午睡時間の布団の位置や保育士がつく場所、
オムツ交換の場所やトイレでの順番を待つ位置など、
一つひとつの環境構成に着目しましょう。
玩具
子ども達にとって遊び玩具はとても重要。
どのような玩具が、どのように置かれているのか、
また、遊びによってもエリア分けされていたり、
子ども達が取りやすく、片付けやすいよう工夫されていたりします。
設定保育
設定保育など集団で活動する場合は、 環境構成 がより重要になります。
子どもの動線保育士のつく位置保育室の使い方など、
スムーズかつ安全に行えるよう計画して進めます。
部分実習の参考にもなるので、しっかりと学びましょう。
装飾
保育室には、季節の飾りや子どもの作品などが飾られています。
飾り方・見せ方なども勉強になると思います。

【その他の 環境構成 】

移動する時
保育室から別のお部屋に移動する場合や、
階段の上り下りなど、
移動をする時にどのような配慮がされているのか。
特に、乳児さんは安全面で配慮していることが多いので、注目しましょう。
行事
実習中に、園の行事集会を経験できるチャンスがあれば、
子どもの配置や椅子の並べ方、保育士の立ち位置などもチェックしましょう。
お散歩
実習中に、お散歩に引率する機会があればとてもラッキー!
勉強になるポイントがたくさんあります。
お散歩では、とにかく安全が第一
子どもの並ばせ方や、引率する保育士の立ち位置などはしっかりと学びましょう。
プール
夏の実習で、水遊びプールを行う場合、
子ども達の動線保育士の立ち位置に着目しましょう。
水の遊びは、安全が最優先です。
保育士それぞれの役割なども決まっているので、しっかりと記録しておきましょう。

3.実習でしっかりと学ぼう!

いかがでしたか?
今回は、保育の『 環境構成 』について記録の仕方や、記録するべきポイントをご紹介しました。
保育士さんは様々な配慮をして『環境』を構成しています。
年齢によっても、配慮されているポイントが変わってくると思いますので、
年齢・発達から 環境構成 をとらえてみるのもいいですね。
実習日誌は、自分のためになるものです。
保育実習で学んだことをしっかりと記録して残しておきましょう。
未来の保育士さんを応援しています!
↓こちらの記事もおすすめ♪

執筆者:たか 先生(保育教諭1)

保育学生にうれしい情報がいっぱい!