保育実習の基本!子どもに絵本を読む時のポイントをおさらいしよう!

  1. その他お役立ち情報

保育実習では子どもに絵本を読む機会があるはずです。子どもにとって絵本はどんなもの?大勢の前で読む時に気を付けるポイントは?どんな絵本を選べばいいの?絵本を生かした保育実習ができるようチェックしておきましょう。

ほいコレ就職フェア
index

1. 保育実習では子どもに絵本を読む機会がある

保育実習での部分実習や全日実習といった責任実習では、実習生が絵本を読む時間がありますね。
また子どもが絵本をかかえ「これ読んで!」と声をかけてくることもあるでしょう。
絵本は保育現場にかかせないものですが、子どもになにをあたえてくれるものでしょうか?
なんとなくはイメージできても、あらためて考えてみると「え~っと…」と悩んでしまう人もいるかもせれませんね。
保育現場における絵本は、単純に言葉を知り学ぶ以外にも、たくさんのを意味持っています。

2. 知っておこう!子どもにとって絵本はどんなもの?

保育実習で子どもたちと絵本を楽しむためにも、子どもにとって絵本とはどのようなものか、しっかり確認しておきましょう。

物事のイメージを広げる

物語を通して、今まで知らなかった世界を知ることができ、憧れを持つきっかけをあたえてくれることも。物事へのイメージが広がり知識を豊かにしてくれます。

共感する喜びを味わう

子ども自身が経験したことが絵本に出てくると「知ってる!」「同じだ~!」共感するとともに、主人公の気持ちと自分の気持ちを重ねて、楽しさを味わいます。

感情を豊かにする

物語を通じて、楽しみ、悲しみ、ドキドキハラハラするスリルや、安心感や思いやりの気持ちなどを知り、子どもの感情を豊かにします

読み手、聞き手の人間関係を深める

絵本は自分で読むこともできますが、読んでもらうことで、お互いの気持ちが通じ合い心のキャッチボールができます。一対一で読むことも、一対大勢で読むこともできます。

3. 保育実習で絵本を読む時のポイント

子どもにとって絵本がどのようなものか理解できたら、具体的に絵本を読む時のポイントをチェックしておきましょう。

事前に練習しておこう

実習で大勢の子どもの前で読むことが決まっている絵本は、事前に目を通して内容を頭に入れておきましょう。
また新しい絵本は開きにくいので、事前にしっかりと開いて癖をつけておきましょう。
子どもたちから見て絵が隠れないように、持ち方、ページの開き方も練習しておいてくださいね。

全員が見やすいように読もう

大勢の前で読む時には、最初に全員から絵本が見えるか確認しましょう。
自分が椅子に座る、子どもに下がってもらうなど位置を調整してから始めましょう。
子どもに「見えな~い!」と言われてしまったり、よく見える場所取りのためのケンカがおきたりしないように気をつけてくださいね。

自然な調子でゆったり読む

オーバーリアクションで読むことのないようにしましょう。
子ども自身が物語を感じ取れるように、ゆったり、聞き取りやすいよう読めば大丈夫です。
また、必要以上に言葉を足したり説明をしたりしないようにしましょう。

子どもとのやりとりを楽しみながら読む

子どもが絵本に対して発言をしたら、場面と関連つけて物語に取り込むようにしましょう。
慣れないうちは難しいので、「そうだね」「うんうん」「どうなるかな~?」などと、ニッコリして相づちを打つだけでもOKですよ。

4. 保育実習で絵本を通して子どもとの距離を縮めよう♪

子どもとやりとりをしながら絵本を楽しむことで、短い時間でも子どもとの距離を縮めることができるはずです。
ぜひ保育実習では、積極的に絵本を読んでみてくださいね!
どんな絵本を読んだらいいか迷う時には、まずは自分が小さいころに好きだった絵本を思いだしてみてください。思い入れのある絵本は自分も楽しく読むことができ、子どもたちにもその気持ちが伝わるはず。
自分自身も幼少期、先生からたくさんの絵本を読んでもらっているはずなので、図書館や本屋に行ってみると忘れていた懐かしい絵本と再会できるかもしれませんね。
特に、何十年も前から読み継がれている昔からある絵本は、今の子どもたちの心にも響く良質なものです。
何度も子どもたちの前で絵本を読んでいるうちに、年齢にあったもの、季節にあったもの、子どもの心情にあったものなど、だんだんと「今日はこの絵本!」としっくりするものが選べるようになりますよ。最初は選び方がよくわからなくても、経験を積んでいくとわかるようになるので安心してくださいね!
実習中、絵本を読んで、子どもたちにステキな物語との出会いを届けられますように♪
そして絵本を通じたやりとりで、子どもと気持ちが通じ合えますように♪

実りある保育実習になるよう応援しています!

執筆者:小林愛子 保育士

積極的に行動して納得の就活をしよう♪あなたの理想の保育園がみつかりますように!