保育士でも一人暮らしはできる!知っておくべきお得な制度はコレ

  1. その他お役立ち情報

保育士だけど、一人暮らしってできる?実際に暮らしてみた感想は?など保育士の一人暮らしは気になることがいっぱいありますよね!就職を機に一人暮らしをしたい保育士さんへ知っておきたい制度も含めてご紹介します。

index

1. 保育士でも一人暮らしできる?

就職を機に一人暮らしをしたい!と考えている人も多いですよね。
でも、給与面などの問題から保育士が一人暮らしできるのか不安もあると思います。
今回は、保育士が一人暮らしをすることはできるのか?そして知っておきたいお得な制度についてご紹介します。
結論から伝えると、保育士でも一人暮らしはできます!
給与の高い保育園であれば、余裕を持って一人暮らしできるくらいの給与はもらえるでしょう。
しかし、給与の高い保育園ばかりではありません。
それでも一人暮らしにチャレンジしてみたい!と思う人も多いですよね?
様々な制度を利用すれば、手取りが13万円~15万円程度でも一人暮らしをすることができます。
私自身、手取り14万円で一人暮らしを楽しんでいました。
工夫をしながら、憧れの一人暮らしをスタートさせましょう!

2. 一人暮らしのメリット・デメリット

それでは、一人暮らしをするとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
メリット
・家事が上達する
・家に友達や恋人を呼びやすい
・自分のペースで生活できる
・職場の近くに住むことができる
一人暮らしには、様々なメリットがあることがわかります。
私が一人暮らしをして一番実感したメリットは家事が上達する」です!
恥ずかしながら、一人暮らしをするまでは家事を全くと言っていいほどしていませんでした。
一人暮らしをするときに「家族と離れるのがさみしい・・・」「保育士の給料でやっていけるのか?」ということよりも家事ができるのか!?という不安のほうが強かったほどです。
実際一人暮らしを始めてみると「あれ?意外とできるじゃん!」と安心したことを覚えています。
一人暮らしを始める前は色々な不安があると思いますが、暮らしていくうちに慣れていくことができますよ。
デメリット
・家事が辛くなる
・生活費がかかる
・生活リズムが乱れる
・孤独を感じるときがある
私が一人暮らしをして感じたデメリットは「生活リズムが崩れる」です。
特に1年目は慣れない仕事に疲れてしまい、お風呂に入らずに寝てしまうこともたくさんありました。
平日は疲れて動けないため、休日にその分を取り戻そうとして、深夜まで動画を見たり、ネットサーフィンをしたりしましたね。
その結果、生活リズムの乱れから血糖値が基準値から外れてしまったこともあります。
自分のペースで生活できるメリットは、デメリットにもなりかねないので注意が必要でしょう。

3. 知っておきたいお得な制度

最後に一人暮らしをしたい保育士が知っておくべきお得な制度についてご紹介します!
《家賃補助制度を利用しよう》
保育園や地域によっては、家賃補助制度があります。
園や地域により異なりますが、最大8万2000円まで家賃が補助されるため、希望の物件に住むことができますよ。
働きたい地域のホームページや保育園の福利厚生を確認して、就職先を選ぶ目安の1つとして考えてもいいでしょう。
《キャリアアップ補助金をもらおう》
東京では、保育園にキャリアアップ補助金を支給しています。
保育士不足を解消するため、保育士の給与アップを目的とした補助金です。
園によって支給される金額は異なりますが、1万5000円~4万4000円の間で支給されることが多いでしょう。
《引っ越しのサポートをしてもらおう》
引っ越しの経験がある方はご存知だと思いますが、梱包や家電の設置や片付けなど大変ですよね。
なによりも3月は引っ越し代がとても高い!
格安の引っ越し業者は埋まってしまっていて、割高な業者に頼むしかなかった・・・なんて経験もあるのではないでしょうか?
なるべくなら初期費用は押さえておきたいところですよね。
そんなときにうれしい制度があります!
それは「引っ越しのサポート」です。
最近は、上京サポートとして引っ越し代金の補助を行っているところも増えてきています。
気になっている園をいくつかピックアップして、引っ越しのサポートがあるか確認してみてもいいでしょう。
一人暮らしは新生活をスタートさせる第一歩ですよね。
オシャレな部屋にしたい!友達をたくさん呼びたい!など生活する上での楽しみが増えるでしょう。
保育士に対する制度や保育園の福利厚生をしっかりと調べて、快適な一人暮らしをスタートさせてくださいね!

執筆者:木村瑛美 保育士

保育士として活躍できる!お役立ち情報満載!