内田淑佳(うちだよしか)の保育道《第0回》

  1. 保育

はじめまして!

コラムを担当させて頂くことになりました内田淑佳(うちだよしか)と申します。
『一般社団法人そだち』代表理事&保育研修講師です。
はい、保育の研修をしています。

現在お勤めの先生はもちろん、資格取得を目指して勉強中の方、それから、資格はとったけれど現場経験はなく、これから保育の仕事に就きたいけれど不安だな…という方などに、保育の仕事の素晴らしさと、保育をする上で大切にすることをお伝えしています。
園長先生や主任の先生など管理職のための研修もしていますよ。

みなさんにもお会い出来る日が来るかもしれませんね。
楽しみにしていますね!

3年前まで、兵庫県の認可保育園で、園長をしていました。
ちょうど少子化対策の取り組み始めの年に、新しい保育園を立ち上げる仕事に携わり、そこで13年間、園長を務めました。

その前は名古屋におりまして、私立の幼稚園で10年働きました。
時代が一つ前ですので、1クラス40人という時もありました。
正直、テンテコマイでしたね(笑)。

幼稚園では5年目から学年主任となり、チームワークとは何か、リーダーとは何か、多くのことを学ばせて頂きました。
それを活かして保育園の園長になったわけですが、「長」というものは、やはり全然違いました…。

失敗も沢山ありましたよ。

でも、だからこそ、貴重な経験が出来ました。

私の引き出しの中には、「経験」から学んだものが「財産」となって蓄えられていきました。
せっかくの宝物、しまい込んでいてはもったいないですよね。
保育に携わる皆さんに、それらをお伝えすることで、子どもたちの環境がより良いものになりますように!という思いで、保育の研修をしています。
このサイトでは、将来保育職を目指す皆さんに、保育をするうえで大切にして欲しいこと、そのために今、出来ることなどお伝えしていきますね。
心理学も学んでおりますので、「心」についてのお話が多くなると思います。

皆さんが今、この日々を楽しみ、素敵に過ごして欲しいな、という願いを込めて発信していきますので、どうぞ楽しみにしていてください!

 

執筆者:【講師紹介】 内田 淑佳 先生