幼保就活教えてinfo+

|
  1. 保育

保育実習にも役立つ、読み聞かせのオススメ絵本 0~3歳編

保育実習にも役立つ、読み聞かせのオススメ絵本 0~3歳編

絵本の選び方

どんな絵本を選んだらいいのか?、どんな風に読んだらいいのか?悩んだりしていませんか?実習やボランティア、園でアルバイトをする時、読み聞かせをする機会が必ずあると思います。

子ども達は絵本が大好きです。特に大好きな先生から絵本を読んでもらう事を楽しみにしています。お話を楽しむだけでなく、絵本を読んでもらうと、リラックス効果も得られ、気持ちが落ち着きます。読み聞かせするとき、最初は緊張しますが、落ち着いてゆっくり読んであげれば、バッチリです。

0~3歳 絵本の選び方
POINT① 繰り返し同じ文章
POINT② リズムがあり、短文 
POINT③ 身近なものが出てくる絵本

年齢別オススメ絵本
人気な絵本はもちろんたくさんありますが、今回は実際に子ども達の反応がいい絵本を、2冊ずつ紹介します。有名な絵本ばかりですので、実習などで読み聞かせをする際も、子ども達が知っている絵本だからこそ、楽しんでもらえますよ。

0歳児クラス

0歳児でも絵本の時間とわかってくると、絵本に興味を持ちます。
読み聞かせというよりは、絵を見る、音を楽しむので、色がはっきりとした明るいイラストの絵本がいいですね。

だるまさんシリーズ(かがくいひろし)
だるまさんシリーズ

知らない子どもはいないのではないでしょうか。定番絵本には人気の秘密があります。♪だ~る~ま~さんが…というと、子ども達体を揺らして楽しみます。みんな大好きな絵本です。

のせてのせて(松谷みよ子)
のせてのせて

松谷みよ子さんのシリーズの1冊です。赤い自動車に「のせて、のせて」と次々に動物がやってきます。繰り返し、わかりやすい言葉が続きます。子ども達は何度読んでも、釘付けになり、飽きません。

1歳児クラス

1歳になると歩けるようになったり、食具を使って自分でご飯が食べれるようになったりします。たくさんの言葉を覚えて、いろいろなことに興味が出てくる時期ですので、身近なものが出てくる絵本がいいですね。

おつきさまこんばんは(林明子)
おつきさまこんばんは

ハッキリした色合いとゆっくりしたリズムで、子ども達を惹きつけます。おつきさまが笑っている顔が子ども達は大好きで、みんなそのページでニッコリします。
シンプルですが、おつきさまの真似っこしながら楽しめます。

とんとんとんだれかな
(ひがしかずこ、デイヴィッドウォーカー、ミカエラモーガン)

とんとんとんだれかな

カラフルで、ドアがついている仕掛け絵本です。「とんとんとん、だれかな?」とドアを開けると、次々に動物がやってきます。1歳児さんには、文章が多めかもしれませんが、子ども達は、かわいい動物とドアに興味津々です。

2歳児クラス

感情表現が豊かになり、読み聞かせ中もじっとできない子ども達も出てくるかもしれません。しかし、絵本のおもしろさや楽しさをわかっているので、いい絵本にはいい反応が返ってきますよ。

へんしんれっしゃ(しまだともみ)
へんしんれっしゃ

列車がいろんな形に変身しながら、月へ行くお話です。みんなで一緒に「スイッチ、オン!」と言いながら、ページをめくって下さいね。カラフルでかわいいイラストで、上下ページが分かれているので、いろんな列車を作るのも刺激的です。

ぞうくんのさんぽシリーズ(なかのひろたか)
ぞうくんのさんぽシリーズ

ぞうくんが散歩途中に、カバさん、ワニさん、カメさんに会う仲良しなお話です。この絵本も繰り返し同じ言葉が続き、子ども達が安心します。最後のオチでは・・・何度読んでも大爆笑の子ども達です。

まとめ

どんな絵本がいいか悩んだ際は、ぜひ参考にしてみてください。最初は緊張すると思いますが、読み聞かせをしていると、子ども達のかわいい色んな表情が見れます。ほいコレナビのツイッターでもオススメ絵本を毎週紹介してますので、参考にして見てくださいね。

ほいコレ 編集部

この記事を書いた人
ほいコレ 編集部
保育就活や園実習について、保育にまつわる情報を掲載しています。