幼保就活教えてinfo+

  1. 就活

【保育就活06】保育実習の不安を取り除こう!少しの工夫で辛くない!

【保育就活06】保育実習の不安を取り除こう!少しの工夫で辛くない!

実習中のアドバイス

保育実習は可愛い子どもたちの笑顔を見たり、学べることや楽しいことがたくさんあります。
しかしその反面、不安なこともありますよね。そんな不安を少しでも取り除くために、保育実習中のアドバイスをお伝えします。

返事をする

返事をする
先生たちのお話にしっかり返事をしてください。
聞き取れなかったり理解ができなかったら「すみませんもう一度お願いします」と聞き直しましょう。わからないまま放置するのが一番トラブルの元となりますので、必ず確認はとりましょう。

報・連・相

そして、報告・連絡・相談。ケガをしたり泣いている子など、なにか問題があったことに気づいたらすぐに担任に相談をしましょう。担任の先生が忙しそうだったからといって伝達がないまま降園し、後から保護者から連絡が来たら大変なことになります。

目標は伝える

実習中に目標があれば(エプロンシアターをしたいなど)事前に担任の先生にお話ししておきましょう。機会がないまま終わるのだけは避けてくださいね。

失敗は怖くない!

失敗は怖くない!

不安になりがちな実習ですが、失敗は当たり前。この失敗が経験となり、先生へと一歩一歩近づけるのです。

体調管理に気を付ける

長い実習期間で、慣れない仕事、初めての環境、覚えることもたくさんあり、身体は疲れてしまっています。次の日も朝早いですから、できるかぎり日誌に時間をかけないように、積極的にメモし、まわりの状況を事細かに記載しておきましょう。(※実習環境によりメモが取れない場合もあります。)

最後に

たくさんのことがあり大変だとは思いますが、先生になるための第一歩がここから始まります。子ども達がかわいくて一緒に遊んでしまうこともあると思いますが、しっかりと保育者と子どもたちの関わり方をみてくださいね。頑張りましょう!

ほいコレナビでは、保育就職にかかわるお悩みを相談できる専門のコンシェルジュがいます。
実習中の不安やお悩みもコンシェルジュに相談してみましょう。

この記事を書いた人

ほいコレ サポーターチーム
ほいコレナビ 保育の就活サポーターチームです。