【保育学生】 インフルエンザ の予防接種について知っておこう!

  1. 保育

インフルエンザ予防接種

index

1.冬は インフルエンザ に要注意!

冬の時期に流行する インフルエンザ
大人も子どもも、 インフルエンザ に罹ってしまうと、
高熱頭痛倦怠感など、つらい症状が出てしまいます。
また、保育園や幼稚園など、集団生活の場では、
感染が広がりやすく、特に注意が必要。
この インフルエンザ に対する予防法の一つとして、
予防接種』があります。
 インフルエンザ の予防接種は、大人だけでなく、
子どもにも大きく関係するものです。
そこで今回は、保育学生さん向けに『 インフルエンザ の予防接種』について解説したいと思います。
子どもが受ける予防接種の一つとして、
しっかりと理解しておきましょう。

2. インフルエンザ のワクチンについて

それでは、 インフルエンザ のワクチンについての疑問や、一般的な情報などをご紹介します。

【ワクチンの効果は?】

 インフルエンザ の予防法の一つとして予防接種を取り上げますが、
実は、予防接種を受けたからと言って、
絶対に インフルエンザ に罹らないわけではありません
 インフルエンザワクチンの最も大きな効果は、「重症化」を予防すること。
肺炎や脳症などの重い合併症のリスクを減らすため、
予防接種が推奨されているのです。

【ワクチン接種の回数・時期・費用は?】

 インフルエンザ の予防接種について、
その回数や時期、費用などをまとめました。
≪回数≫
 インフルエンザ の予防接種回数は、
年齢によって違いがあります。
13歳未満…2回
・13歳以上…1回
子どもは大人に比べて免疫が低いため、
2回の接種が推奨されています。
2回接種の場合、1回目のワクチン接種から2~4週間の間に2回目を受けます。
≪時期≫
 インフルエンザ の予防接種は、
例年10月頃~始まります。
ワクチンの効果が有効な時期としては、
接種してから2週間が経過する頃からの、5か月程度と言われています。
11月に接種を行えば、3月頃までワクチンの効果が続くと考えて良いでしょう。
遅くても12月中旬までに受けることが望ましいようです。
接種の希望者が多い場合は、
ワクチンが不足し、受けたくても受けられないということも考えられます。
また、接種を予定していても体調不良などで受けられない場合も想定し、
ワクチン接種を希望する場合は、
余裕をもって計画しておくことがおすすめです。
≪費用≫
 インフルエンザ の予防接種は、基本的に保険適用外なので、
全額自己負担ということになります。
接種の費用は医療機関によって違いがありますが、
1回4,000円前後の負担が必要。
13歳未満の子どもは2回接種なので、
8,000円前後の費用がかかるということになります。
保険組合や自治体から助成金が出る場合もあるようです。

【ワクチンの副反応はある?】

 インフルエンザ の予防接種後、
ワクチンによる副反応が起こる場合があります。
起こりやすい副反応
接種部分の腫れ、赤み、痛み、かゆみ
・発熱
・頭痛
・倦怠感    など
起こりやすい副反応として、
接種部分の腫れ、赤み、痛みなどは接種した人の10~20%に起こると言われていますが、
通常2~3日で消失します。
また、まれに起こる副反応としては次のようなものがあります。
まれに起こる副反応
・アナフィラキシーショック
・ギラン・バレー症候群
・急性散在性脳脊髄炎(ADEM)
・脳炎・脳症   など
体調面などで心配がある場合は、ワクチン接種前にお医者さんに相談しましょう。
[fair_banner_in]

3.保育実習前は予防接種するべき?

ここまで、 インフルエンザ の予防接種について基本的な知識をご紹介しました。
冬の時期に保育実習を予定している学生さんもいると思いますが、
保育実習の前に インフルエンザ の予防接種を受けるべきかどうか
迷っているという方はいませんか?
予防接種は、強制ではありません。
しかし、
保育実習では、大人に比べて免疫力の低い乳幼児と直接関わるので、
できるだけ接種することが望ましいでしょう。
もちろん、子ども達のためだけでなく、自分を守るためでもあります。
また、予防の意識として、
基本的な手洗い、うがい、消毒などもしっかりと行うことが大切です。
今回は、保育学生さん向けに『 インフルエンザ の予防接種』について解説しました。
保育に関わる大人の一人として、
 インフルエンザ の予防接種についてきちんと理解し、
日頃の生活や保育に活かしていきましょう。

インフルエンザ

未来の保育士さんを応援しています!
↓こちらの記事もおすすめ♪

執筆者:たか 先生(保育教諭1)

保育のキニナル情報いっぱい!