保育ですぐできる! ちょっとした遊び 「動物なりきりゲーム」

  1. movie

園庭にでることができないけれど、子どもの元気が有り余ってる!そんな時にもぴったりの ちょっとした遊び をご紹介します。先生のセリフ付きで紹介するのですぐに実践できますよ。 短時間でできる遊びを保育学生のうちにマスターして活用してくださいね!

index

1. ちょっとした遊び で身体を動かそう

焼けつくような暑さが和らぎ、少しずつ過ごしやすい季節になってきました。
でも秋は天候の変わりやすい季節。「さあ、思いっきり外遊びを楽しもう!」…とはりきって園庭に出たら、急な雨に降られることも多いですよね。
そんな時、元気の有り余った子ども達と室内でも体を動かせる遊びがあったらいいですよね。
今回は、室内で楽しめる ちょっとした遊び 「動物なりきりゲーム」をご紹介します。
「動物なりきりゲーム」は動物の動きをマネするという単純な遊びです。
遊び方を、実際の先生のセリフと共にお伝えします。

2. 「動物なりきりゲーム」の進め方

準備:イスやテーブルは端に寄せ広いスペースを用意する
対象:1~5歳(今回は3~5歳に向けた話し方でお伝えします)

・導入の言葉

みんなは好きな動物っているかな?先生が好きなのはウサギです!
ウサギはどんな動きをするか知っているかな?
…そう!ぴょんぴょんって跳ぶよね。(うさぎ跳びを見せる)
他にもたくさんの動物のマネをして遊んでみたいと思います。」

・ルール説明

「今から動物なりきりゲームをします。
みんなはこちらの壁に集まってね。こちらの壁からあっちの壁まで動物に変身して進みましょう。(実際に移動して示す)
2つお約束があります。
1つ目。つかれた~って途中で普通に歩くのはいいかな?ダメだよね。あっちの壁につくまで動物のまま進んでね。
2つ目。それと友だちを押したりぶつかったりしていいかな?ダメだよね。ぶつからないように少し離れてやろうね。」(実際に行動して示す)

・遊び実践

「それでは、初めはさっき見せたウサギさんをやってみましょう!よーいスタート!」
「上手にできたね!次はおウマさんに変身するよ。(四つ這いになる動きを見せる)
よーいスタート!」
「次はキリンさん。キリンは首や足が長いよ!(高這いを見せる)よーいスタート!」
「みんなよくできたね!次はフラミンゴ!
片足立ちを10秒、それからあっちまで両手でバサバサして飛んでいきましょう。みんなできるかな?よーいスタート!」
このようにいろいろな動物に変身していきます。
遊びの中での声掛け例
・イメージを膨らませる→「他にはどんな動物がいるかな?」
・上手く表現できていない子にお手本を見せる→「○○くん、本物みたい!真似してみよう!」
・興奮して暴れる子を落ち着かせる→「次は赤ちゃんの動物さんだよ。ゆっくり進んでみよう。」
・4~5歳向けアレンジ→「クイズです、シマシマで足の速い動物なんだ?」「そうシマウマです!次はシマウマになってみよう」

・ おしまいの言葉

みんなとっても上手にできました!とっても楽しかったからまた今度やってみようね。
他にもいろいろな動物がいるので、次はどんな動物になりたいか考えておいてくださいね。
これで動物なりきりゲームをおしまいにします。」

3. ちょっとした遊び をマスターしておこう

「動物なりきりゲーム」は工夫次第で、1歳~5歳どの年齢でも楽しめます。1歳児では説明をより簡潔に、一緒にすべて動きを表現するようにすればOKです。
どの年齢の子どもも、汗をかくほど夢中になって取り組みます。室内でもたくさん身体を動かすことができ、運動不足な子ども達も大満足ですよ。
いろいろな動物のお題を出すことで、子ども達の表現力、発想力も豊かにしてくれます。
時間に余裕のない時は3個ほど、余裕がある時は10個以上お題を出すなど調節のできるところも嬉しいポイント。
今回紹介したような ちょっとした遊び を一度覚えてしまえば、実習でも保育士になってからも繰り返し使えますよ。
ぜひやってみてくださいね♪
もっと知りたい!室内遊びのアイディアはこちら♪

執筆者:小林愛子 先生(保育教諭2)

保育学生さんを全力応援♪「今知りたい」保育の情報がココに!