動画解説付:春にピッタリ♪折り紙で作るタケノコ

  1. 制作

春にぴったりの折り紙製作「タケノコ」をご紹介します。作り方はとても簡単なので3歳児~5歳児まで、どの年齢も楽しく作ることができます。また、実習で子どもたちが折り紙遊びをしている時にさっと作ってあげられますよ♪  

【現場ですぐ使える 折り紙シリーズ10】『たけのこ』

index

1.春の折り紙製作にかわいいタケノコを作ってみませんか?

みなさんは春といえばなにを思い浮かべますか?
保育の製作では季節感のあるものをつくりたいですよね。
今回は折り紙で作る、春にぴったりのかわいいタケノコをご紹介します。

このタケノコは折り紙一枚で作ります。
簡単なので3歳児~5歳児まで、どの年齢も楽しく作ることができます。

責任実習での活動にもいいですし、実習中子どもが折り紙遊びをしている時にサッと作ってあげることもできますよ。

最後に折り紙に顔を描けば、ひとりひとり自分らしさがでてとてもかわいいです。
みんなできたら壁に並べて飾っても素敵ですよ。

2. 折り紙の「タケノコ」の作り方

準備するものはこちら♪

準備するもの

・茶色系の折り紙を人数分用意しましょう(色違いにしておくと飾った時にキレイです。)
・完成後にクレヨンを使用します

作り方はとってもかんたん♪

作り方

1.四角におります。
2.もう一度、四角に折ります。
3.折りすじがついたら一度開きます。
4.下の部分を真ん中の線の半分くらいまで折ります。
5.裏側を向けて真ん中の線まで縦に折ります。
6.反対側も真ん中の線まで折ります。
7.角を真ん中の線まで折ります。
8.裏返してクレヨンで線や顔を描いて完成です。

3.注意点とアレンジ

子どもたちと作る際、以下の注意点を丁寧に伝えましょう。

・折り紙に折り目を付ける際、「アイロンしてね」と声を掛けしっかりすじがつくようにしましょう。
タケノコの線は黒で描くと顔が見えなくなってしまうので、黒ではない色を選ぶよに子どもたちに伝えましょう。
3歳児には白色やおうど色のクレヨンと決め、一本だけを出すようにしましょう。
顔は書かずに目、口のシールを用意しておくのもいいかもしれませんね。
・顔を描く時はリボンをつけたり、びっくりした顔にしたり、ウインクさせたり…もがアレンジできるように声掛けしましょう
完成したらこんなアレンジを♪

折り紙が完成したら並べて飾るとかわいいです。
一枚の模造紙にまとめて貼るのもいいですし、壁面に、保育者が竹を作って貼り子どもたちは好きなところに自分のタケノコを貼っていってもいいですね。
壁全体がにぎやかな竹やぶに変身します♪

また顔がついているので、お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん…というように、

タケノコの家族やお友達をたくさん作ってお人形遊びをしても楽しいですよ。

春の製作にぴったりの折り紙で作るかわいい「タケノコ」。

ぜひ作ってみてくださいね。

実りある楽しい実習になるよう応援しています♪

執筆者:小林愛子 保育士

積極的に行動して納得の就活をしよう♪あなたの理想の保育園がみつかりますように!