寒い時期も身体を動かそう!室内 サーキット遊び をご紹介~0歳向け~

  1. movie

外遊びも楽しいけれど、室内でもたくさん身体を動かせる遊びを組み込めると遊びの幅もぐんと広がりますね。今回ご紹介するのは、乳児ならではの発達を生かしたもの。0歳児向けの室内で行う サーキット遊び をご紹介します。

index

1.  サーキット遊び とはどんなもの?

保育をしているとよく耳にする サーキット遊び
具体的に、 サーキット遊び とはいったいどんなものでしょう。
 サーキット遊び は、
様々な遊具をコースのように組み合わせ、
色々な身体の動きを使いながら周回する運動遊びのことです。
楽しく全身を動かすことで心や身体の発達も促していくことができ、
室内外問わず行える子ども達も大好きな活動です。
次に、0歳児向けに室内での設定の際のアイデアをご紹介します。

2. サーキット遊び のアイデア

0歳児はまだまだ身体の発達が未熟です。
そのため、0歳児で サーキット遊び なんて出来るのかな?とも思いがち…。
ですが、遊具の組み合わせ次第では小さい子どもでも
十分に楽しめるのが サーキット遊び の良いところ。
0歳児は月齢によっても身体の動かし方が異なります。
ハイハイをしている子も入れば歩行が確立している子もいるでしょう。
クラスの人数にもよりますが、出来れば同じくらいの身体の動きをしている子同士で
活動の環境を分けられるとより安全性が高まります。
保育士の配置も担任間で話し合い、しっかり注意することも必要。
では、注意するポイントも含めて遊び方をご紹介していきます!

・フラフープトンネル

マットにフラフープを通してトンネルに見立てます。
通すフラフープはマットの大きさに合わせましょう。
だいたい3~4本ほど通すとバランスが保ちます。
フラフープに通すことで、マットの底面が湾曲し
少し足元が不安定になりながらも四肢を使って前進して楽しみます。

 

注意ポイント

・フラフープが顔に当たる可能性もあるので、四つ這いの姿勢で進めると良いでしょう。

・不安定な床面ですが四肢を使って動くことで全身の働きを促すことができます。

・マット山

マットの下に布団や丸めたマットを入れ込み、
小高い山を作ります。
二足で進む子もいれば、四つ這いで慎重に渡る子も。
こちらも不安定な足元を、自分で調整しようとすることで

バランス感覚を養っていきます。

注意ポイント
・高さの低い山とはいっても、いつバランスを崩してしまうかわかりません。
・必ず山の両脇に安全用のクッションや布団、マットを敷いておきましょう。
・保育士は子どもがよろけてもすぐ手が出せる位置にいることが重要です。

・巧技台登り

巧技台を組み合わせて作ります。
跳び箱の1段目を使っても可能です。
片側は階段のように段差を作り、反対側はすべり台を組み合わせても楽しいです。
40㎝ほどであればすべり台をつけずジャンプしてもおもしろいです。
先に述べた遊具より少し難易度が上がるので、
学年の後期や進級前あたりに取り組むと
子ども達の身体の発達から見てもやりがいのある遊具になります。
注意ポイント
・高さのあるものなので、必ず保育士は手の届く配置で行いましょう。
・ジャンプを取り入れる際は、保育士が手で支えてあげましょう。
・室内の環境で可能であれば、巧技台の片面が壁につくような設定で行うと、
安全性が高くなります。
・巧技台の両側に落下防止用のクッションなどを敷いておくことを忘れずに。

3. 年齢が小さい時だからこそ、全身を使って サーキット遊び を

0歳児だからこそ、四肢をしっかり動かして遊ぶことで
手足の筋肉や働きが促され、安定した歩行へと繋がっていきます。
保育士の見守りや補助は、いつも以上に配慮が必要ですが
子ども達が楽しそうに活動している姿を見ると
「やって良かったな」と思えますね。
また、補助することも大切ですが、子どもの動きや様子を見ながら
柔軟に対応してあげることも大切だったりします。
子どもが「自分で登りたい」「一人でジャンプしたい」
というような表情や素振りをしている時は、その気持ちを尊重してみましょう。
もちろん、何があってもすぐに手を差し伸べられる心構えのもとで。
ぜひ、保育の活動のヒントにしてみてくださいね。
こちらもおすすめ!↓↓

執筆者:くに 先生(保育教諭2)

保育の情報がつまってる!