保育士にとって働きやすい職場の条件!理想の施設を見つけるには?

大阪を中心に保育士 派遣・アルバイト・パートの求人検索「ほいコレ」 サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ カンタン1分登録 ほいコレ派遣×キャリアステーション
  • HOME
  • 地域で探す
  • 希望の条件を伝える
  • カンタン1分登録
  • 一覧
HOME大阪を中心に保育士 派遣・アルバイト・パートの求人HOME矢印保育士コラム 矢印 保育士にとって働きやすい職場の条件!理想の施設を見つけるには?

2019.12.18

保育士にとって働きやすい職場の条件!理想の施設を見つけるには?

462View

Pocket

一言で「保育の現場」と言っても、施設の雰囲気や環境は大きく違います。

保育士にとって毎日長い時間を過ごす場所となるからこそ、職場選びはしっかり慎重に行うべきでしょう。

今回は保育士が働きやすい職場を見つけるためのポイントや、事前によく確認しておくべき部分をご紹介しますので、職場選びに役立ててくださいね。

保育士専門の求人サイトで
やりがいと収入の両立を

転職を望む保育士の方には、保育士専門の求人サイトが断然オススメ。
保育業界の知識に乏しい求人サイトでは、あなたのスキルを適正に評価し、最適な職場を紹介してもらえない可能性も……。
保育士専門の転職サイトなら、あなたの持つスキルを最大限活かし、やりがいと収入を両立できます。

「働きやすい」職場の定義

まずは、自分にとっての「働きやすい職場」を明確にする必要があります。

たとえば「人間関係がいい職場」、「給与や待遇が優れている」などは、一般的にいい職場の条件と言えるでしょう。

しかし、最優先したい条件は人によって違いますので自分が優先したいと考える条件をリストアップしてみてください。

「人間関係は目に見えないものだから、待遇などの明確な要素で判断したい!」、「給与の高さよりも、毎日の通勤がしやすい方が大事!」など、それぞれが思う「働きやすさ」が見えてくるはずです。

また、近年ではさまざまな保育システムを積極的に導入している施設もあります。

自動化できるところは自動化すれば作業の効率化や保育士の負担軽減にもつながるため、職場環境の改善に積極的な施設では、随時導入されています。

「働きやすい職場づくり」に対し施設側がどう考えどのように実行しているかも、職場選びのポイントとなるでしょう。

保育方針を確認してみる

施設の色がもっとも出やすいのが「保育方針」です。

保育方針は施設によってまったく違い、かつそれぞれの施設が目指している保育の形が分かりやすく表現されています。

候補となる施設が見つかったら、ホームページにアクセスしたりパンフレットを確認したりして保育方針をチェックしましょう。

子どもの自由な考えを生かしのびのびとした生活をサポートしたいと考える施設と、教育すべきことはきちんと指導する方針の施設では、保育士に求められる対応も違うでしょう。

自分が保育士の立場として、どのような保育に携わっていきたいか考えたうえで、保育方針と照らし合わせてみましょう。

力を入れている教育やイベントはないか調べる

特定の分野に精通している施設や、それによって保育士にもスキルを求める施設もあります。

例えば「国際的に活躍できる人材を育成する」という目的のある施設ならば、英会話のレッスンを積極的に行い、保育士にも語学スキルを求める場合があります。

「表現力を伸ばしていきたい、感性を生かしたい」という施設であれば、音楽やアートに関するイベントを行い保育士にも音楽に関連した指導を求めるでしょう。

語学力やクリエイティブスキルに自信がないのであれば、特定の分野に熱心な施設は避けた方がいいかもしれません。

自分にできることと、施設の方針に齟齬(そご)がないように職場を選びましょう。

待遇や制度は細かなところまでよく目を通す

働く上で、やはり無視できないのが待遇や制度です。

給与や労働時間などはもちろんのこと、手当の内容、福利厚生の内容、昇給や賞与はあるか、教育制度はどのようになっているかなど、細かな部分までしっかり確認しておきましょう。

「交通費支給」と書かれている職場でも「全額支給」なのか「月○円まで支給」なのかというように、詳細は異なります。

十分に確認しておかないと「条件がいいからと遠方の施設を選んだものの、交通費が全額支給ではないと後からわかった」というような経験をして、損をしかねません。

「現在働いているスタッフの年収例」、「試用期間内の給与」など具体的な情報が明記されている施設なら、のちのち思わぬ条件が発覚したというトラブルも避けやすくなるでしょう。

施設の雰囲気や人間関係は施設見学でチェック

働きやすさに直結する要素として、施設の雰囲気や人間関係も忘れてはいけません。

一人ひとりの保育士がイキイキしているか、協力や助け合いの中でポジティブに業務に取り組んでいるかなど「自分も同じ環境で働くなら」とイメージしながらよく確認しておきたいものです。

保育士同士、また保育士と保護者とのあいだでの信頼関係を築いている職場なら、ギスギスした雰囲気がなく穏やかな印象を受けるでしょう。

こうした「言葉にはしにくいけれど、実際に働く上で非常に重要な要素」を自分の目で確認するためには、施設見学を利用しましょう。

就職前に施設の様子を確認しておくことで、施設内の雰囲気はどうか、設備に不備はなさそうかなど、気になるポイントをしっかり確認できます。

まとめ

国家資格である保育士の資格を取得したからには、納得のできる環境で長く働きたいものですよね。

職場選びで妥協してしまうと、実際に働き出してから後悔し、働くモチベーションも下がってしまうかもしれません。

ご紹介した要素を意識しながら、納得のいく職場をとことん探してみてください。

保育士専門の求人サイトで
やりがいと収入の両立を

転職を望む保育士の方には、保育士専門の求人サイトが断然オススメ。
保育業界の知識に乏しい求人サイトでは、あなたのスキルを適正に評価し、最適な職場を紹介してもらえない可能性も……。
保育士専門の転職サイトなら、あなたの持つスキルを最大限活かし、やりがいと収入を両立できます。

あなたに合った求人が選べる
登録はこちら

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

新着記事一覧