ブランクありの保育士は現場復帰できる?準備や決めておくべきこと

大阪を中心に保育士 派遣・アルバイト・パートの求人検索「ほいコレ」 サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ カンタン1分登録 ほいコレ派遣×キャリアステーション
  • HOME
  • 地域で探す
  • 希望の条件を伝える
  • カンタン1分登録
  • 一覧
HOME大阪を中心に保育士 派遣・アルバイト・パートの求人HOME矢印保育士コラム 矢印 ブランクありの保育士は現場復帰できる?準備や決めておくべきこと

2019.11.9

ブランクありの保育士は現場復帰できる?準備や決めておくべきこと

46View

Pocket

保育士不足が嘆かれている現在ですが、実は保育士免許を持っている人自体が少ないわけではありません。

免許を持っていても、年齢や体力面、待遇面などさまざまな不安によってあえて別の仕事を選ぶ人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、保育士免許を保有しているもののブランクのある人材が復帰・復職する際のポイントをご紹介していきます。

保育士の復帰・復職を求める声が増えている

保育所・幼稚園・認定こども園といった保育施設では、かねてより待機児童の問題が語られています。

多くの保育施設が待機児童問題を今すぐにでも解決したいと考えているはずですが、現実問題人材がいなければどうすることもできません。

そこで、人材確保のために保育士免許を保有しているブランクのある保育士に対し、積極的に現場復帰を支援する施設や自治体が増えています。

新人保育士と違って教育する時間が必要ないことから、ブランクのある保育士は施設側にとっても魅力的な人材なのです。

だからこそ「保育現場に復帰したいけれど、ブランクがあるから施設側に迷惑をかけてしまうかも」と不安を感じすぎる必要はありません。

保育現場復帰のメリットとデメリットとは?

かつて「保育の仕事は割に合わない」と感じて、保育の仕事を辞めてしまった人も多いのではないでしょうか。

しかし今、処遇改善によって基本給与は向上傾向にあります。

保育経験がすでにある人であれば、その分昇給や手当を掛け合うことで前向きに検討してもらえるかもしれません。

一方でデメリットとしては、休職中の時間が長くなるほど保育にかかわる社会の制度が変わりやすいということが挙げられます。

「以前なら求められたが今は不要なもの」、「以前ならやる必要のなかった作業」もあるはずですから、「保育の仕事とはこういうもの」という思い込みを捨て、現在のやり方をよく確認しながら進めましょう。

やり方を忘れてしまった作業があれば、思い出すのにも時間がかかり思うように進められず戸惑うこともあるかもしれません。

また、元気な子どもたちの相手をするにあたって、体力も必要になります。

現場から離れているあいだに身体がなまっていて、久しぶりに現場に立ったときすぐにへとへとになってしまっては困りますので「以前と同じように働ける」と考えないようにしましょう。

保育現場復帰のためにまず準備すべきこと

復職・復帰の前には、あらかじめ働き方を決めておくことも大切です。

正社員、アルバイト、派遣など、同じ保育士でも雇用形態はさまざまです。

また同じ正社員でも、処遇改善の一環として時短勤務などの制度を用意している職場もありますので、自分にはどのような働き方が向いているかよく考えておかなければいけません。

「どんどん働いて稼ぎたいけれど、家庭のことや子育てをすることも考えるとフルタイム勤務は厳しい」というような状況もあるでしょう。

希望だけでなく「現実的に働けるかどうか」、「体力や気力面ではどうか」と広範囲に考慮した上で、ブランクのある状態でも無理なく働ける雇用形態を考えてみてください。

シフトについても、勤務が難しい曜日はあらかじめ確認しておき、面接時にきちんと伝える準備をしましょう。

セミナーや研修を活用する

現場復帰をサポートする取り組みの一つとして、職場復帰を目指す保育士向けのセミナーや研修、カリキュラム、説明会が開かれています。

具体的には「潜在保育士研修」や「再就職支援セミナー」、保育士を対象とした「就職・転職説明会」などが挙げられます。

内容は自治体によっても違いますが、こうした取り組みを通じて保育施設の見学や一日実習を経験できることもあります。

あらかじめ受けておけば「いきなり本番」という状況を避けられ、職場復帰時の不安やストレスを感じにくくなるでしょう。

支援員へ相談しながら転職活動を進める

復職にあたって心配なことはたくさんあると思いますが、なかなか人に相談できず悩んでしまうのではないでしょうか。

スムーズな転職の際には、転職をサポートする支援員に相談することもおすすめします。

就職支援サービスを利用した際に担当してくれる経験豊富な支援員は、一人ひとりの性質や希望を踏まえた上で最適な職場を紹介してくれます。

園の方針や園内の雰囲気など、求人情報を見ているだけでは分かりにくいポイントもしっかり確認できるので、転職で失敗したくない人にとってありがたいサービスと言えるでしょう。

まとめ

ブランクがあったとしても、しっかり準備をしていればスムーズな復職を叶えられます。

今保育士は、地域に関係なく求められている社会貢献度の高い仕事です。

せっかく保有している資格を無駄にしないよう、前向きに職場復帰を検討してみてはいかがでしょうか。

あなたに合った求人が選べる
登録はこちら

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます

新着記事一覧