幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2018

PROFILE

保育士
キャリア:2年目

  • 勤務地:椥辻保育園(京都府)
  • 出身校:佛教大学
  • お名前:藤廣先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
2歳児の副担任をしています。
毎日、どんなことをしたら楽しいかな?と考えながら、自分も一緒になって子どもたちと遊んでいます。
食事や排泄、着脱など、生活習慣を身につけられるよう、子どもたちに伝えたり、一緒にしたりもします。
今の園を選んだ理由を教えてください。
のびのびとした保育に惹かれました。
園見学に行って実際の雰囲気を自分の目で見て、子どもたちの生き生きとした姿を見れたことも選んだ選んだ
理由の1つです。
また、園バスに乗って、色々なところへ遠足に出かけることも魅力的でした。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
農園でできた野菜を収穫しに行ったり、おむすび大会、おもちつき大会など、美味しい行事がたくさんあります。
おむすび大会では、園庭でかまどを使ってお米を炊くのを見学し、できたてのお米を自分たちで握り、大きな
おむすびを作って食べます。
実際に見たり触れたりすることで、子どもたちも生き生きとした表情を見せてくれ、自分も嬉しくなります。
仕事は大変なこともありますが、子どもたちの嬉しそうな顔を見るととても嬉しく、毎日子どもたちから元気を
もらっています。
また、出来なかったことが出来るようになったり・・・と子どもの成長を近くで見ることができ、やりがいを
感じます。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
1年目は特に、子どもとの関係を作ることに難しさを感じました。
どうしても叱らないといけない時、自分が言っても子どもは聞かず、先輩の先生が言うと反省している姿を見て、
自分の未熟さ、叱ることの難しさを感じました。
また、製作をする際など、準備するもの、事前に作っておくものなどたくさんあり、見えないところでこんな
仕事をしているのだ、と思うこともたくさんありました。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
友達と遊んだり、買い物に行ったり、時々何もしない日を作って、家でひたすらゆっくりしたり・・・と
色々です。
友達と遊ぶと、気分転換にもなり、「また仕事がんばろう!」と思えます。
実習中の思い出を教えて下さい。
実習中は、慣れない環境や生活、毎日の実習簿、設定保育の準備・・・と、とても大変で、しんどかったなと
思います。
それでも、自分が初めての設定保育で製作した玩具を子どもたちが喜んでくれ、自由遊びの時間にもその玩具を
出してきて友達と遊ぶ姿を見たときは、とても嬉しい気持ちになり、やりがいを感じました。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
初めてのことばかりで、わからないことはたくさんあると思うので、”あれができていない”等は思いません。
それよりも明るく、一生懸命さが伝わってきたら、”頑張っているなぁ”と感じます。
実習生の姿をみていると、自分の実習のことも思い出し、初心に戻れるので自分自身実習生から学ぶこともあります。
積極的に動いてくれたり、笑顔で子どもたちと遊んでいる姿を見ると、私も嬉しく思います。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
たくさんある園の中で、どのように選ぶのか自分もとても悩みましたが、見学に行かせてもらうと、その園の
特色なども少しわかり、園の雰囲気、環境、子どもや職員の様子など、見ることができます。
自分の目で実際の様子を見ることで、”ここが良い!”というところが出てくると思うので、見学に行くことを
おすすめします。