幼保学生の就活応援サイト ほいコレナビ2018

PROFILE

保育士
キャリア:5年目

  • 勤務地:愛友保育園(京都府)
  • 出身校:滋賀短期大学
  • お名前:山下先生

センパイ画像

今のお仕事内容を教えて下さい。
今年度は1歳児クラスの担任をしています。
朝は0歳児~2歳児まで一緒に過ごしています。
各クラスに分かれた後はそれぞれのクラスで日課活動をします。
日課活動では\\\"フラッシュカード\\\"をしたり、季節を歌を歌ったりします。
その後は朝のおやつを食べてトイレで排泄を済ませ、設定保育となります。
乳児はまだまだ身の回りのことを一人でするのは難しいので、保育者が援助をしています。
食事の時には介助をしたり、午睡の時にはトントンをして子どもたちを寝かしつけています。
午睡中はお帳面を書いたり、保育の準備をしたりしています。
今の園を選んだ理由を教えてください。
きっかけは、同じ短大を卒業された先生が愛友保育園に務めていて、その先生と共通の知り合いの短大の先生を
通じて愛友保育園を紹介してもらったことです。
実際に見学に行き、園全体のあたたかい雰囲気が素敵だなと感じ、選びました。
園の魅力・仕事の魅力を教えてください。
愛友保育園はベテランの先生が多く、日々ご指導を仰ぎながら、私たちも安心して保育に務めています。
また、子どもの人数も少なく0歳児さんから5歳児さんまで、園全体で一人ひとりのお子さんとじっくり
関わることができるのも魅了の一つです。
幼児クラスでは毎月、体育指導や音楽指導があり、みんまも楽しんで取り組んでいます。
仕事の大変さ、これまでの苦労や実際に仕事に就いて感じたギャップを教えて下さい。
実際に保育士として働き始めてみると、子どもの姿というのは一人ひとり違いがあり、言葉がけや対応も
その子によって違ってくるというところが、短大で習ったことだけでは分からないと、一番感じた部分では
ありました。
今では毎日たくさんの子どもたちと関わりながら、大変ながらも楽しい時間を過ごしています。
プライベートはどうやって過ごしていますか?
休日は友だちと一緒に買い物へ行ったり、時々旅行にも出かけています。
実習中の思い出を教えて下さい。
初めての実習で不安でいっぱいだった時、保育園の子どもたちが笑顔で話しかけてくれて、ふっと緊張が
解けたことを覚えています。
もう一つの思い出は、私はピアノが苦手で、今でも子どもの前で弾く時は緊張してしまうのですが、実習の時も
正直ピアノを弾くのが嫌で、当日は緊張のあまり、手が震えていました。
保育士になった今でも緊張すると手が震えてしまうことがあります。
私も他の先生のように上手に弾けるようになりたいです。
実習生が来た時にどのようなところを見ていますか?
特に注目しているのは子どもに対して、どのように声かけをしているかというところです。
実際に子どもと関わると反応も一人ひとり違っていて、同じような言葉がけではスムーズにいかないことも
ありますが、そのような場面でも次にどのように声を掛けているかを見て、時には実習生さんから学ばせて
いただくこともあります。
就活中の学生へメッセージをお願いします。
保育士の仕事の最大の魅力は、やはり子どもと関わることにあると思います。
子どもと一緒に園庭で遊んだりお散歩へ出かけたり、毎日子どもの笑顔に元気をもらいながら子どもの成長を
見守っています。
保育士という仕事は大変なことも多く、私自身まだまだ勉強することがたくさんありますが、大変なこと以上に
やりがいも大きい仕事だと感じています。
きっと保育士になって良かったと思う経験がたくさんできると思うので、保育士を目指して頑張ってください。