あうあうあう-ほいくのコレカラ-

インスタグラム

HERO

「子どもの頃の夢は何でしたか?」

photo01

保育士さんに聞く、保育士になったきっかけで多いのは
「小さい時に通っていた保育園の先生が好きだったから」

この答え、結構多いです。

私は、職業柄多くの保育士さんとお話させて頂くので
いわゆる「あるある」になってしまっています。

でも、これは改めて考えるとすごいこと。
およそ20年間その思いを持ち続け、夢を叶える。

それだけ子どもたちにとって保育士さんは
憧れのヒーローなんです。

photo02

自分の夢を叶え
頑張っている先生の笑顔は素敵

今回、夢を叶えキラキラと輝く二人のヒーローに出会うことができました。

今回紹介する園はこちら

photo03

滋賀県大津市にある認定こども園
【 みどりこども園 】

園長先生はとても気遣いのある方

「話しやすい雰囲気がいいよね!」と
おしゃれなJAZZミュージックをかけて頂き、早速インタビュースタート

まずは、明るい笑顔がとっても素敵なこちらの先生

photo04

アイ先生
・保育士歴:13年目
・2歳児担当
・新卒からみどり保育園に勤務(2年間産休育休取得)
※みどりこども園の前身がみどり保育園
・2児のママさん先生(小3と年長 ※年長さんはみどりこども園に預けている)

●—まず、はじめにみどりこども園ってどんな園ですか?

アイ先生:
まず保育園の特徴でいうと、マーチングや音楽リズムを通して子どもたちの
忍耐力や協調性など精神的な面と体力面を育てています。
食育にも力を入れています。

photo05

働く側の特徴としては、職員間の仲はいいです。
休み時間に園長も含めて色々話をしたり、コミュニケーションは結構とれていると思います。
園長先生もクラスに顔を出して下さいますよ。子ども達からも大人気です!

photo06

そんなところが安心できているから、自分の子どももみどりこども園に預けています。

●—マーチングに力を入れていらっしゃるんですね。

アイ先生:
4歳児・5歳児は毎日練習をしています。子どもたちみんな一生懸命しています。
子どもたちが楽しみながら頑張ってできるように工夫も必要ですし
プレッシャーも正直あります。

photo07

でも、行事でマーチングを披露したときの達成感は日常では感じ取れないからこそ子どもたちにも味わわせてあげたいと思っています。

うちの子も年長なので、今運動会の練習の真っ最中です。
上手くできなくて嫌になることもあるみたいですけど、毎日少しずつでも
子どもなりに頑張ってやっているようで、成長を感じています。

●—アイ先生はママさん保育士として活躍されていらっしゃいますよね。
産休育休を取得されたと伺いましたが働き方はいかがですか?

アイ先生:
まず産休育休後は、みどりこども園での復帰しか考えていなかったんです。
私は保育士の仕事が大好きです。

photo08

園長先生をはじめ周りの先生の協力もあるし、子どもを預けながら働かせて
もらえる環境って、なかなかないので安心して働かせてもらっています。

あと家族の理解もあるので感謝しています。

●—アイ先生にとって保育士は天職なんですね。
そもそもの保育士になろうと思ったきっかけは何だったんですか?

アイ先生:
小さいときに通っていた保育園に憧れの先生がいたんです。
当時わがままだった私は、その先生の後ばっかり追いかけていたらしいです。

大人になってから偶然、その恩師にばったり会う機会があって
「アイちゃ~ん!!」って呼んで覚えてくれていたんです。

「○○先生に憧れて、今保育士として働いているんです!」と話すと
「それは嬉しいわ~!立派に頑張ってるんやね!」と喜んで話をしてくれたんです。

●—きっと恩師の先生も嬉しかったでしょうね!
では次に、アイ先生のプライベートな話も少し伺ってもいいですか?

アイ先生:
私はバレーをしています。小学校から今までずっとしているんです。
一般のチームとママさんバレーチームの掛け持ちです!

photo09

自分たちでデザインしたユニフォームです。(上記写真)

私の子どもはサッカー、夫もバレーと私の家族はみんなそれぞれに
趣味や活動をもっています。

試合が重なって、子どもの試合に見に行けないこともあるんですけど、
子どもが「僕も1位になるから、ママも頑張って1位になってね!」と
お互いハイタッチして試合に向かいます。

休日もホントに休みなしっていう感じですが、
これが自分のストレス発散にも繋がっているんだと感じています。

●—貴重なユニフォーム姿も披露して頂きありがとうございます!
とてもお似合いです!

最後にこれから保育士を目指す、もしくは保育復帰や転職を
検討している方にメッセージをお願い致します。

アイ先生:
保育士の仕事は、子どもを見ているだけではなく書類や行事の準備、
保護者対応など、仕事はたくさんあります。

ただ、子どもの成長が目でみてすぐに分かることは
本当にやりがいを感じます。

photo10

あと純粋に日々のなかで「大笑いできる」
こんな仕事って多くないんじゃないかなと思います。

うちの園は、ママさん保育士も保育士勉強中の先生も
短時間の先生も色んな方がいます。

是非一緒に、大笑いしながら一緒に働ける方が来てくれれば嬉しいです。

アイ先生、ありがとうございました!
続きましては、
とっても優しい雰囲気のこちらの先生

photo11

ホナミ先生
・保育士歴:3年目
・0歳児担当
・USJ大好き!(おススメのアトラクションはダイナソー)

●—ホナミ先生が感じる仕事のやりがいはどんなところですか?

ホナミ先生:
やはり「達成感」だと思います。

行事が終わった後の子どもたちの自信に満ち溢れた顔と
感動して涙する親御さんの顔をみるとやっぱり何物にも代えがたいやりがいを感じます。

photo12

一年目に担当した子が、今は4歳児クラスなんです。
その子たちの成長を、今年の運動会でみれると思うと楽しみで仕方がないです。
想像するだけでも涙がでてきそうです。

●—それは楽しみですね!
ホナミ先生が保育士になったきっかけは何でしたか?

ホナミ先生:
幼稚園の時の大好き先生の存在が大きいです。
すごい優しい先生で、その先生の姿と
自分を重ね合わせて、自分も優しくいられているかなと思うこともあります。

あと、実は私はピアノがとても苦手で
保育士の夢をあきらめかけたこともあったんです。

photo13

でも高校の先生が、ピアノは大学に行ってからでも大丈夫だから
夢を追いかけてみなさいと言ってくれたんです。

●—素敵な先生とのお出会いがあったんですね。
ピアノについてはその後いかがですか?

ホナミ先生:
まだまだ苦手ではありますが、実は副園長先生が元々ピアノの先生なんです。

聞けば気軽に教えて下さるので、よく教えてもらっています。
なかなかそんな環境ってないのでとてもありがたいです。

ピアノが苦手でも保育士になれる実例が私なので
不安に思っている方は安心して下さいね!

●—身近に教えてもらえる先生がいるといいですよね。
その他の職員さんとの人間関係はいかがですか?

ホナミ先生:
困ったり、分からないことを聞いたり話せる関係性があると思います。
プライベートでもご飯を食べにいくこともあります。
やっぱりそういう関係性がない環境だとつらいので、その点ありがたいです。

私も先輩の立場になってきたので今度後輩ともご飯いこうねって話を
しているところなんです。

photo14

●—最後に、仕事をするうえで大切にしていることはありますか?

ホナミ先生:
一番大切にしていることは子どもから「先生大好き」と言われるたびに
この子にとって「一番大好きな先生」でいたいと本当に毎日思っています。

photo15

優しいだけではダメだと思うし、「好きな先生」でいてもらう為には
叱らないといけない時ももちろんあります。
そのメリハリは意識しています。

きっとそのメリハリが子どもとの信頼関係に繋がっていると信じて
毎日子どもたちに接しています。

ホナミ先生ありがとうございました!

急なインタビューにも関わらず
お二人とも一つひとつ丁寧に答えて頂きました。

きっと、
アイ先生、ホナミ先生に憧れて将来保育士を目指す
子どもがいるのではないかと思います。

子どもの為を思って取り組む毎日が、子どもたちの夢に繋がっているかもしれない

そんな大きな可能性がある仕事って少ないと思います。

photo16

「夢が夢をつないでいく」
そんなバトンをもらい、渡す人になりたいと思う方には
輝ける環境だと思います。

取材にご協力頂いた職員の皆さんありがとうございます!

■みどりこども園の求人情報
btn_haken_s
短時間を希望の方はコチラ >>
フルタイムを希望の方はコチラ >>
学生限定を希望の方はコチラ >>

■みどりこども園の新卒採用情報


ライター:野間直樹 保育コンシェルジュ

みどりこども園
【募集職種】保育士
【雇用形態】正職員/派遣
【勤務地】滋賀県大津市瀬田3丁目23番3号
【勤務先】みどりこども園
【アクセス】最寄駅:JR琵琶湖線 「瀬田駅」「石山駅」
車通勤・バイク通勤可
【給与額】正職員:201,353円/月
※新卒四年生大学卒業

派遣:時給1,050円~時給1,200円
【勤務時間】7:15~18:45内のシフト制
【勤務曜日】月曜日~金曜日など
【お問い合わせ先】ベルサンテスタッフ京都支社
TEL:075-353-9880

問い合わせ・応募する