あうあうあう-ほいくのコレカラ-

インスタグラム

パレットに並ぶきれいな色

お野菜がまだ苦手かな?
いつか食べられるようになったら良いね!

20170719_01

綺麗に野菜を残している光景に、
頑張れ~って思う気持ちと、微笑ましい気持ちと・・・

和やかな光景から始まる園紹介。

始めて訪問したとき、
思わず子どもの気持ちになって何だかワクワクしたのを覚えている。

Q . これってどなたが考えられたのですか?

20170719_02

見上げたところにバイキンマン!
扇風機のカバーを工夫し、子どもたちが好きなキャラクターに♪

A . もともとは園で働く看護師さんがカラーポリを付けてカバーしてたんですが、丸いかたちを使って何かできないかと保育士さんの中で話が出て、
バイキンマンやアンパンマンなどのキャラクターに飾り付けをし始めたんです。

20170719_03

アンパンマンは既に外されていたので写真に撮れなかったが、
こんなところにも子どもたちを喜ばせる工夫ができるのだと、
保育士さんを凄いと思った印象深さが頭を離れなかった。
今でも毎年保育士さんが工夫をこなしているそうだ。

「こうしてみたら子どもたちも喜ぶのではないか?」
そんな現場の声を聞いてくださるアットホームな保育園。

20170719_04

2017年度で開園5年目。
愛知県安城市にある【乳児専門】の認可保育園、
社会福祉法人 あおぞらにこにこ福祉会 げんきのもり保育園

園長先生に質問をしてみた。

Q . こちらの園で大事にしている保育はありますか?

すると、3つのことを大事にされているとお話があった。

20170719_05

『見える保育』

子どもたちにも、親にも、保育士にも、
見通しの良い保育ができるように工夫をされている。

例えば、お部屋の引き戸もお部屋の中が見えるようになっている。
園長先生が園を建てるときの拘りのひとつだったそうだ。

私が園を訪問したときにも、お部屋から子どもたちがこっちを覗いていた。
中には手を振ってくれたりする子もいれば、
不思議そうにこっちを見ている子どももいたり。

きっとお母さんやお父さんが迎えにきたときは、
子どもたちも大はしゃぎなはずだ。
そんな子どもの姿を見て、仕事疲れも吹き飛ぶ親も少なくはないだろう。

20170719_06

20170719_07

『家庭的な保育』

お伺いしたのがちょうどお昼寝の時で、
子どもたちは気持ちよさそうにお昼寝中だった。

0~2歳児さんの乳児さん20名の少人数保育の中で、
お部屋でゆっくり過ごしたり、お外で砂遊びをしたり♪

子どもたちの近くに寄り添い、
子どもたちの目線で話しかけてあげたり、
あたたかい家庭的な雰囲気を感じる。

園から歩いてすぐの場所には北大道寺公園があり、
ここも子どもたちの第二の園庭としての遊び場にもなっている。

20170719_08

20170719_09

『職員が楽しめる保育』

ジョギング部を立ち上げ、皆さんでマラソン大会にも出られているそうだ。
もともとは事務の職員さんが発起人で、
今では姉妹園の職員も合わせて7~8人のメンバーが参加をしている。

走ることが目的・・・であることももちろんだが、
大会前の決起集会と、大会後のお疲れ様会での食事の場も職員の楽しみ♪
むしろ、そっちのほうが楽しみかも…
そうおっしゃっていたのは園長先生だった(笑)

年に数回、職員で食事会を行なったりする機会もあり、
職員同士の親睦も深め、職員が楽しく働けるように、
コミュニケーションをとれる場を大事にされている。

20170719_10

20170719_15

20170719_12

皆で過ごした時間を一枚の写真に☆
こうやって保育園の子どもたち〝全員〟と保育士さんでの集合写真は、
小さな園ならではかもしれない。

いつも一緒に遊ぶ友達と、保育士さんと、
全員で思い出と記念がかたちに残っていく。
ただ、こちらに載せきれないほどの集合写真の数があるのだ。

集合写真がこんなに多いのはなぜ・・・? わたしはこう思った。

「キミの色はなに色?」
これは、げんきのもり保育園のテーマでもある。
子どもたちひとりひとりの個性(色)を大切にし、
それぞれの良さをお互いに認め合えるような保育。
たくさんの個性(色)が集まると、
パレットの上に絵の具のきれいな色がたくさん並ぶ。

きっと、集合写真が多いのは・・・

20170719_11

青色と黄色で緑色ができるように、
赤色と青色で紫色ができるように、
この色とこの色を混ぜ合わせたら、こんな色になった☆

クリスマスやもちつきなどのイベントの時だけでなく、
公園に行っていつもより楽しそうに遊んでいる時や、
みんなでお菓子作りをして楽しそうに過ごしている時など、
子どもたち同士での遊びや子どもと保育士さんとの関わりの中で、
いろいろな表情やしぐさが新しい色となって表れてくる。
そのとき、パレット上に並ぶ輝くきれいでたくさんの色を
作品として残したいからではないかと思った。

20170719_13

Q .最後に、保育士として働きたい方にメッセージをお願いします。

A .難しいことは言えないけど、
「笑顔がいっぱい」「みんな仲良し」「元気モリモリ」
そんなげんきのもり保育園で一緒に働きたい保育士さんがいたら、
楽しみに待っています♪

最後の最後にどうしてもお見せしたい素敵な1枚を!

20170719_14

(子どもたちとクッキングで作った手作りカップケーキ)

■げんきのもり保育園の求人情報


ライター:河内 集 ほいコレコンシェルジュ

げんきのもり保育園

問い合わせ・応募する